シンポジウム



中部経済の拡大が続いています。その源泉は「モノづくり」で、堅調な外需が輸出や生産、設備投資に波及。次世代自動車関連などの投資・研究開発も活発になっています。一方、変化・変革の波は業種、地域など従来の枠組みを超えて押し寄せており、大きな岐路に立っているとも言えます。伝統の「モノづくり」のその強さと、重要なポイントである人材育成に光をあて、さらなる飛躍への条件を探ります。

公式サイトはこちら



シルクロードは交易の道であると同時に多様な文化交流の道でもあり、歴史と魂を変える道でもありました。1978年、シルクロードが世界の熱気に包まれていたさなか、日中間で平和友好条約が結ばれました。今年はその40周年にあたります。日本と中国はたがいにさまざまな問題を抱えながらも両国間の努力と途切れることのない交流によって友好と理解を深めてきました。
このシンポジウムは、シルクロードを多彩な自然と多様な人間が織りなす豊かな景観としてふたたびとらえなおし、新しい時代に添う日本と中国および中央アジア諸国との文化の絆を多角的な視点から語り合おうとするものです。みなさまのご参加によって、シンポジウムが世紀の流れにより活力をあたえるものとなることを願っております。

公式サイトはこちら

▲ ページのトップへ