シンポジウム


第21回 日経フォーラム「世界経営者会議」
激動を味方にするリーダー像
受講者募集中

2019年 10月28日(月) 9:30-17:30 (予定)
  10月29日(火) 9:00-17:50 (予定)

帝国ホテル東京

受講料:93,500 円(税込み)、昼食付き/同時通訳あり
*早期申込割引がございます。詳しくはウェブサイトをご覧ください。

写真左から
柳井正 ファーストリテイリング会長兼社長
ピーター・ブラベック ネスレ名誉会長
磯崎功典 キリンホールディングス社長
サラ・カサノバ 日本マクドナルドホールディングス社長


激しさを増す米中貿易戦争や英国の欧州連合(EU)離脱をはじめとする欧州の混乱など、世界は新たな激動期を迎えています。世界経済の減速感が強まるなか、企業経営を取り巻く環境は厳しさを増すばかりです。人工知能(AI)やビッグデータなどを駆使したデジタル革命は資産の保有や通貨による支払いなど、これまで当然と思われてきた慣習を根底から変え、あらゆる産業にビジネスモデルの再考を迫っています。
一方、社会や個人ものみ込む時代の荒波は、幅広い分野にチャンスをもたらしつつあります。AIの進化は人々がより高付加価値の仕事に集中することを可能にし、人口減少は個人が健康寿命を伸ばし、知識や能力を磨き続けようという動きにつながります。企業にとってはすべてが新たな事業機会でもあります。
世界経営者会議に登壇するのは、それぞれの分野で激変を味方につけるリーダー達。今年は複数の経営者が同時に登壇・議論するパネル討論を多く設けます。 業種や分野が異なるトップの組み合わせならではの「化学反応」をお楽しみください。

<主な登壇者>(敬称・尊称略、順不同)
柳井正 ファーストリテイリング会長兼社長、ピーター・ブラベック ネスレ名誉会長、磯崎功典 キリンホールディングス社長、サラ・カサノバ 日本マクドナルドホールディングス社長、クリストフ・ウェバー 武田薬品工業社長、南場智子 ディー・エヌ・エー会長、アンソニー・タン グラブ最高経営責任者(CEO)ほか

公式サイトはこちら

▲ ページのトップへ