ベニグノ・アキノ フィリピン共和国大統領 講演会 2015年6月3日(水) ホテルオークラ東京

PAGE TOP ▲

日本経済新聞社と日本経済研究センターは、第21回国際交流会議「アジアの未来」特別セッションとして、ベニグノ・アキノ3世 フィリピン共和国大統領をお迎えし、講演会を開催いたします。

ベニグノ・アキノ フィリピン共和国大統領

ベニグノ・アキノ3世
フィリピン共和国大統領

 1960年2月8日生まれ。父は83年にマニラ国際空港で暗殺されたベニグノ・アキノ・ジュニア元上院議員。母は、86年にピープル・パワー革命(エドゥサ革命)でマルコス独裁政権を倒し、フィリピンの民主主義復活の象徴とされた第11代大統領(86~92年)のコラソン・アキノ氏。
 98年から2007年まで下院議員を3期務め、07年からは上院議員を務めていた。2009年、元大統領だった母が死去すると、母の跡を襲って大統領職へ挑戦するよう周囲の期待が高まり、2010年の大統領選に出馬。当選を果たして第15代大統領に就任した。
 主な選挙公約は(1)アロヨ前大統領の汚職疑惑の追及、(2)モロ・イスラム解放戦線(MILF)との和平交渉の継続、(3)マルコス政権下での不正蓄財に係る裁判の続行、(4)民主的な法の執行――など。汚職撲滅の取り組みによるフィリピンのイメージ改善で海外からの投資が増え、若年労働力が豊富という強みもあって、ここ数年はASEAN主要5カ国の中では最も高いGDP(国内総生産)の伸び率を達成している。任期は2016年6月29日まで。趣味は射撃、ビリヤード。

開催概要

日  時 2015年6月3日(水) 11:30~12:30
会  場 ホテルオークラ東京 アクセス
主  催 日本経済新聞社 日本経済研究センター
参 加 費 無料
申込締切 2015年5月22日(金)
定  員 300名 ※申し込み多数の場合、抽選を行います。

プログラム(日英同時通訳あり)

主催者
挨 拶

岡田 直敏

日本経済新聞社 代表取締役社長
講 演

ベニグノ・アキノ3世

フィリピン共和国大統領
モデレーター:

藤井 彰夫

日本経済新聞社 編集局次長 兼 Nikkei Asian Review 編集長
参加申し込みは終了しました。
多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。

お問合せ先

第21回国際交流会議「アジアの未来」特別セッション
『ベニグノ・アキノ フィリピン共和国大統領 講演会』事務局

〒104-0061 東京都中央区銀座1-22-9 SKビル3F
TEL. 03-5159-2208 nikkei-philippine@creative-net.co.jp
(土・日・祝日を除く10:00-17:00)

取材希望の方へ

取材には事前登録と主催者の許可が必要です。上記事務局までお問い合わせください。
登録締め切り 2015年5月27日(水)
※事前登録のない方の取材は一切お受けできません。