PAGE TOP ▲

講演者紹介

斉藤 惇 氏

斉藤 惇 氏

日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO

1963年3月慶応義塾大学商学部卒業、63年4月野村証券入社。88年12月同社 常務取締役、90年6月同社 代表取締役専務、95年6月同社 代表取締役副社長。98年10月スミセイ投資顧問 顧問、99年1月住友ライフ・インベストメント 代表取締役社長、2002年6月同社 取締役会長、03年4月産業再生機構 代表取締役社長。07年6月東京証券取引所 代表取締役社長、07年8月東京証券取引所グループ 取締役兼代表執行役社長。13年1月日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO(現任)、大阪証券取引所(現大阪取引所) 取締役(現任)
市川 真一

市川 真一 氏

クレディ・スイス証券 チーフ・マーケット・ストラテジスト

明治大学卒。1987年和光証券(現みずほ証券)入社、新和光投信へ出向、アナリスト、ファンドマネージャーを経て、94年にクレディ・リヨネ証券でストラテジスト兼調査部長。2000年にクレディ・スイス・ファースト・ボストン証券(現クレディ・スイス証券)でチーフ・ストラテジストとなり、09年より現職。この間、小泉内閣で構造改革特区初代評価委員、原子力国際戦略検討小委員会委員、民主党政権で事業仕分け評価者、内閣府規制・制度改革委員など公職を多数歴任。著書に『政策論争のデタラメ』、『中国のジレンマ 日米のリスク』(いずれも新潮社)、共著に『国際的マネーフローの研究』(中央経済社)など
豊島 逸夫

豊島 逸夫 氏

豊島逸夫事務所 代表

1972年一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行後、スイス銀行で国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラーとなる。2011年9月までワールド・ゴールド・カウンシルで日本代表を務める。独立後は、活動範囲を拡大。自由な立場から、チューリヒ、NYでの豊富な相場体験をもとに、国際金融、マクロ経済動向を追う。日経電子版マネー面「金のつぶやき」は株・為替・金の最新情報を語る名物コラムとして定着。日経マネーには「世界経済深層真理」、日経ヴェリタスには「逸’s OK!」連載中。日経マネームック「豊島逸夫が語り尽くす、国際経済・為替・金」ではノーベル経済学者エール大学シラー教授や友人で著名投資家のジム・ロジャーズ氏との対談を掲載。著書は『金を通して世界を読む』(日本経済新聞出版社)など
武者 陵司

武者 陵司 氏

武者リサーチ 代表

ドイツ証券アドバイザー、ドイチェ・アセット・マネジメントアドバイザー。埼玉大学大学院客員教授、熊本学園大学招聘教授。1973年横浜国立大学経済学部卒業後、大和証券に入社。88年〜93年ニューヨーク駐在、大和総研アメリカでチーフアナリスト、米国のマクロ・ミクロ市場を調査。97年ドイツ証券調査部長兼チーフストラテジスト、2005年ドイツ証券副会長を経て、09年武者リサーチを設立。著書に、『超金融緩和の時代「最強のアメリカ」復活と経済悲観主義の終わり』(日本実業出版社)など