• 舞台

    日経能楽鑑賞会
    写真右=能「綾鼓」 シテ『老人の精』浅見真州
    撮影:神田佳明(提供:横浜能楽堂)
    写真左=能「綾鼓」 シテ『老人の精』金剛永謹
    撮影:山口宏子(提供:金剛永謹)

    第14回日経能楽鑑賞会

    2020年6月2日(火)、11日(木)

    日本経済新聞社は、平成19(2007)年より、現代の能楽界を代表する能楽師による「日経能楽鑑賞会」を毎年開催しております。今年は観世流の浅見真州と金剛流二十六世宗家の金剛永謹という新たな組み合わせで開催。異なる流派の名手が同じ曲を演じ合うスタイルが4年ぶりに復活します。
    室町時代に生まれ、激動の時代を乗り越えてきた日本文化の精髄、能楽。確固たる技術と情趣豊かな表現力を持つ、まさに現代日本の最高峰の能楽師による至芸にご期待ください。

  • 美術展

    ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年

    日本・ハンガリー外交関係開設150周年記念
    ブダペスト国立西洋美術館
    & ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵

    ブダペスト
    ―ヨーロッパとハンガリーの美術400年

    2019年12月4日(水)~ 2020年3月16日(月)国立新美術館

    日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念し、ハンガリー最大の美術館であるブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクション展を開催します。両館の所蔵品がまとまった形で来日するのは、じつに25年ぶりとなります。
    本展では、ルネサンスから20世紀初頭まで、約400年にわたるヨーロッパとハンガリーの絵画、素描、彫刻の名品130点が一堂に会します。クラーナハ、ティツィアーノ、エル・グレコ、ルノワール、モネなど巨匠たちの作品に加えて、日本では目にする機会の少ない19・20世紀ハンガリーの作家たちの名作も、多数出品されます。「ドナウの真珠」と称えられるハンガリーの首都、ブダペストから一挙来日する珠玉の作品群を、ぜひご堪能ください。

  • 舞台

    パリ・オペラ座バレエ団

    パリ・オペラ座バレエ団
    2020年日本公演

    「ジゼル」全2幕
    2020年2月27日(木)〜 3月1日(日)
    「オネーギン」全3幕
    2020年3月5日(木)〜 8日(日)
    東京文化会館

    輝かしい歴史と洗練された舞台でバレエ界に君臨するパリ・オペラ座バレエ団の3年振りの来日公演を開催します。本公演は19世紀にパリ・オペラ座バレエ団によって初演されたロマンティック・バレエの名作「ジゼル」とダンサーたちが踊ることを夢見る、天才振付師クランコの傑作「オネーギン」を上演します。2017年にカリスマ的エトワールだったオレリー・デュポンを芸術監督に迎え、新しい時代を迎えているパリ・オペラ座バレエ団。伝統を担う若きバレエ・エリートたちの華やかな競演にご期待下さい。

世界経営者会議 カルティエ、時の結晶 流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美
  • コンサート・オペラ・舞台

    BBCマガジン「明日の偉大なピアニスト10人」に選ばれ、ジョルジュ・エネスコ国際コンクールやパデレフスキ国際ピアノコンクールなど13もの国際コンクールで優勝を果たした鬼才エドゥアルト・クンツがいよいよ日経ミューズサロンに登場。正統派といえるテクニックから生まれる詩情豊かな表現と、時に爆発的に聴衆の心揺さぶる演奏に期待が高まる。

  • 美術展

    特別展「ミイラ」

    2019年11月2日(土)〜2020年2月24日(月・休) 国立科学博物館

    ミイラ展

    ミイラには自然にできたミイラと人工的につくられたミイラがあります。
    それらは人類の多様な文化が持つ死生観や身体感を表す自然遺産であり、学術標本でもあります。展覧会では世界三大ミイラ産地であるエジプト、中国、南米のミイラのほか日本の即身仏など約40体のミイラを紹介します。
    またミイラの副葬品やミイラづくりの道具なども展示します。

  • コンサート・オペラ・舞台

    ブロードウェイ・ミュージカル
    ドリームガールズ

    2020年1月29日(水)~2月16日(日)
    東急シアターオーブ

    ドリームガールズ

    ブロードウェイ・ミュージカル「ドリームガールズ」は、米シカゴの若い女性たちがスーパースターへと駆け上っていくサクセス・ストーリー。米演劇界の最高峰であるトニー賞も受賞したミュージカルの来日公演を開催します。
    物語のモデルはダイアナ・ロスを輩出したザ・シュープリームス。華やかなショービジネスの裏側にある人間関係、栄光と挫折、友情などを描きます。2006年に歌手ビヨンセ、ジェニファー・ハドソンらが出演した映画も大ヒットしました。感動的な音楽にハイレベルなダンス、胸を打つ物語とミュージカルに必要な要素がすべて詰まった傑作ミュージカルをお楽しみください。

  • コンサート・オペラ・舞台

    国際音楽祭NIPPON 2020

    2020年2月14日(金) 東京オペラシティ コンサートホール 他
    詳しくは詳細ページをご覧ください

    国際音楽祭NIPPON 2020

    世界的ヴァイオリニスト、諏訪内晶子が芸術監督を務める「国際音楽祭NIPPON」を来年2月から3月にかけて開催します。
    今回は、来年生誕250年を迎える楽聖ベートーヴェンの楽曲を諏訪内晶子のヴァイオリンと二コラ・アンゲリッシュのピアノで贈るデュオ・リサイタルや多彩な出演者とベートーヴェンに挑む室内楽マラソンコンサート、ジャナンドレア・ノセダ指揮ワシントン・ナショナル交響楽団との共演など珠玉のプログラムをお届けします。また、これまでも仙台や気仙沼、久慈などをまわった東日本大震災復興応援コンサートは釜石で開催します。
    音楽家として充実期を迎えている諏訪内晶子を中心にバラエティーに富んだプログラムをお楽しみください。

  • 美術展

    御即位記念特別展 雅楽の美

    2020年4月4日(土)~ 5月31日(日)東京藝術大学大学美術館

    雅楽の美

    雅楽とは舞楽や管絃、歌物(催馬楽・朗詠)、国風歌舞などの総称です。中国・朝鮮から伝来したものが日本在来の歌舞と融合し、宮中儀式楽だけでなく、平安時代に貴族が楽しむ宮廷音楽として広がりをみせました。また、四天王寺や春日大社では儀式楽として受け継がれているほか、浄土信仰においても重要な役割を果たしています。
    天皇陛下の御即位を記念した本展では、宮内庁所蔵品を中心とした楽器や装束、楽譜、絵画、工芸作品などにより、皇室伝統の文化・芸術である雅楽の美の世界を紹介します。

  • コンサート・オペラ・舞台

    モーリス・ベジャール・バレエ団 2020年日本公演

    Aプロ「バレエ・フォー・ライフ」
    2020年5月13日(水)、14日(木)
    Bプロ「ボレロ」「人はいつでも夢想する」「ブレルとバルバラ」
    2020年5月16日(土)、17日(日)
    東京文化会館

    モーリス・ベジャール・バレエ団

    3年ぶりとなる本公演は世界的ロック・バンド、クイーンの音楽とバレエを融合させた奇跡のステージ「バレエ・フォー・ライフ」を上演するAプロとベジャールの金字塔ととも言える傑作「ボレロ」と2人のシャンソン歌手を題材にした「ブレルとバルバラ」、ベジャールの遺志を引き継ぐ芸術監督ジル・ロマンの最新作「人はいつでも夢想する」の3作品を上演するBプロの2演目を上演します。時代とともに歩み続けるモーリス・ベジャール・バレエ団の舞台にご期待ください。

  • 東山魁夷記念 日経日本画大賞展
  • 日経ウーマノミクスプロジェクト
  • エコプロ2018
  • NIKKEI MESSE 街づくり・店づくり総合展
  • 国際興隆会議 アジアの未来
  • 世界デジタルサミット
  • 日経フォーラム 世界経営者会議
  • 日経IRフェア2014 STOCKWORLD
  • 日経優秀製品・サービス賞
  • 日経ビジネススクール
  • 日経読み方セミナー
  • NIKKEI Adnet (イベント)
  • 日経懇話会
  • 日経景気討論会
  • NIKKEI アートプロジェクト