講演者紹介

 
photo リチャード・アーミテージ 氏
アーミテージ・インターナショナル代表
元国務副長官

アーミテージ・インターナショナル代表。ブッシュ政権の2001年-2005年に国務副長官を務めた。また、旧ソ連崩壊に伴い独立した国々(NIS)に対する米国の支援策を指揮したほか、湾岸戦争時には大統領特使としてヨルダンのフセイン国王と会談したことなどで知られる。1983年から1989年に国防次官補(国際安全保障担当)、1981年から1983年に国防次官補代理(東アジア・太平洋地域担当)。1967年、米海軍兵学校を卒業。ベトナム戦争では3度戦闘任務に就いた。国内外より多数の軍事勲章、公共サービス殊勲賞を授与されている。ジョセフ・ナイ・ハーバード大学教授と共に超党派の対日外交・安全保障政策の提言書をまとめてきた。

↑

 
photo デニス・ブレア 氏
元国家情報長官 元太平洋軍司令官 
笹川平和財団米国会長

デニス・ブレア氏は笹川平和財団米国の会長兼特別上級研究員(非常勤)。現在、エネルギー安全保障リーダーシップ審議会のメンバーで、国際NGOのフリーダム・ハウス、全米アジア研究所、米中関係全国委員会、および有力シンクタンクのアトランティック・カウンシル、それぞれの理事でもある。2009年1月から2010年5月にかけては国家情報長官として、16の情報機関を指揮した。2003-06年には防衛分析研究所(IDA)の理事長。2002年に太平洋軍司令官を最後に海軍での34年のキャリアを終えた。
海軍兵学校の卒業生であり、ローズ奨学生としてオックスフォード大学で歴史学と言語学の修士号を取得した。ブレア氏が共同議長を務めた2つの委員会はそれぞれレポート『Oil Security 2025: U.S. National Security Policy in an Era of Domestic Oil Abundance』と『The Report of the Commission on the Theft of American Intellectual Property』を公表した。

↑

 
photo ホアキン・カストロ 氏
下院議員(テキサス州20区、民主党)
対日友好議員連盟共同議長

ホアキン・カストロは1974年9月16日テキサス州サンアントニオ生まれの第二世代メキシコ系アメリカ人。サンアントニオのウエストサイドで育ち、公立学校を優秀な成績で卒業した。高校を飛び級で1年早く卒業した後にサンアントニオを離れ、1996年にスタンフォード大学を卒業後、ハーバード大学法科大学院に通い、2000年に法務博士号を取得。28歳の時にサンアントニオに戻り、民間法律事務所で勤務した後、テキサス州125区の州議会議員に選出された。州議会議員を5期にわたり務め、2012年にはサンアントニオとベクサル郡の大部分をカバーするテキサス州第20選挙区の代表として下院議員に選出された。一卵性双生児の兄弟ジュリアン・カストロは2013年にサンアントニオ市長として3期目の当選を果たし、2014年7月28日に住宅都市開発省(HUD)の長官に就任した。
ホアキンは下院議員として3期目を迎え、下院情報特別委員会と下院外交委員会で活動中。2013年度下院・民主党新人議員共同代表を務め、下院・民主党指導部副幹事を務めている。

↑

 
photo

ビクター・チャ
ジョージタウン大学教授 CSIS上級アドバイザー兼朝鮮半島研究部長
元国家安全保障会議アジア部長

ジョージタウン大学教授として行政学・国際関係論の講座を受け持つ。2009年から戦略国際問題研究所(CSIS)の上級アドバイザー兼朝鮮半島研究部長も務めている。2004-07年にブッシュ政権の国家安全保障会議(NSC)でアジア部長に就き、日本、朝鮮半島、オーストラリア・ニュージーランド、太平洋諸国を担当したほか、北朝鮮問題をめぐる6カ国協議のアメリカ代表代行などを務めた。主な著書に「力のせめぎあい:アジアにおけるアメリカの同盟システムの起源」(Powerplay: The Origins of the American Alliance System in Asia, Princeton University Press, 2016) 、「不可能な国家:北朝鮮、過去と未来」(The Impossible State: North Korea, Past and Future, HarperCollins, 2012、フォーリン・アフェアーズ誌が選んだ2012年のアジア・太平洋地域に関する最良書)などがある。
コロンビア大学で政治学の博士号。1959年生まれ。韓国系アメリカ人。

↑

 
photo

マシュー・グッドマン
CSIS上級副所長兼政治経済部長兼アジア経済担当上級アドバイザー

アジア経済の専門家として、CSISでは上級副所長、政治経済部長、上級アドバイザーを務めている。2012年の入所以前は、ホワイトハウスの調整官として、APECおよび東アジア首脳会議を担当したほか、国家安全保障会議の国際経済担当部長としてG8 、G20の首脳会議を受け持った。連邦政府では国務省で経済担当次官の上級アドバイザーを務めたほか、財務省でもエコノミストとしての勤務経験がある。民間ではオルブライト元国務長官らが立ち上げたオルブライド・ストーンブリッジ・グループ、ゴールドマン・サックスなどに所属した。
ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で修士号。

↑

 
photo マイケル・グリーン 氏
CSIS上級副所長兼日本部長
元大統領特別補佐官

戦略国際問題研究所(CSIS)の上級副所長(アジア)兼ジャパン・チェアー。ワシントンのジョージタウン大学エドマンド・A・ウォルシュ外交学院アジア研究部長。2001年から2005年まではホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)でアジア部長(日本・朝鮮半島・オーストラリア・ニュージランド担当)、同アジア担当大統領補佐官兼上級アジア部長を務めた。NSCに加わるまでは、外交問題評議会の東アジア安全保障担当上級研究員、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)助教授、同大学院エドウィン・ライシャワー東アジア研究所およびフォーリン・ポリシー・インスティテュート所長、防衛分析研究所(IDA)研究員、国防長官室アジア太平洋局上級顧問などを歴任した。5年におよぶ日本滞在経験があり、日本語に堪能。国会議員秘書も務めた。現在、アスペン研究所ストラテジー・グループのメンバーで、シンクタンクの新アメリカ安全保障センターの諮問委員でもある。SAISで博士号取得した。近著にアメリカ独立以来のアジア太平洋戦略を描いた『By More Than Providence』がある(2017年刊行)。

↑

 
photo ジョン・ハムレ 氏
CSIS所長兼CEO
元国防副長官

2000年1月に戦略国際問題研究所(CSIS)の所長兼CEOに選出される。CSIS参加以前には、第26代国防副長官を務める。副長官就任以前の1993年から1997年にかけては、国防次官(会計監査担当)を務めた。会計監査担当官として国防予算と運営改善プログラムの準備、発表および施行にあたり、国防長官の首席補佐官の役目を果たした。2007年からは国防長官の諮問機関である国防政策協議会の議長。国防省入省前には上院軍事委員会専門スタッフを10年間務め、主に調達、研究開発プログラム、国防予算問題、および上院歳出委員会との関係について監督・評価を担当した。1978年から1984年にかけて議会予算局に勤務、国家安全保障および国際問題担当副部長代理として、上下院の委員会向けの分析やその他のサポートを担当した。ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院にて国際政治、国際経済および米国外交政策を専攻、1978年に優秀な成績で同大学院の博士号を取得。

↑

 
photo ジョセフ・ナイ 氏
ハーバード大学特別功労教授
CSIS理事

1958年にプリンストン大学で学士号を最優等で取得。ローズ奨学金でオックスフォード大学に進学した後、ハーバード大学で政治学博士号を取得し、64年から同学で教鞭を執る。2008年には国際関係学者2700人の投票により米外交政策上最も影響力のある学者に選ばれ、11年の調査では国際関係に関して過去20年間で4番目に影響力のある人物に選ばれた。Foreign Policy誌による「世界の思想家トップ100人」にも選ばれている。1977-79年に国務次官補および国家安全保障会議核兵器不拡散グループ委員長を兼任。93-94年には大統領のために諜報評価を行う国家情報会議議長、また94-95年は国際安全保障担当の国防次官補を務めた。
著書にはThe Economist誌により「緻密で説得力がある」と評された『ソフト・パワー』、『リーダー・パワー: 21世紀型組織の主導者のために』、『アメリカの世紀は終わらない』などがある。知日派としても知られ、リチャード・アーミテージ元国務副長官とともに超党派の対日政策提言を重ねてきた。2012年には日本が一流国(Tier-one Nations)として存続していけるかを問う第3次報告書を発表した。

↑

 
photo

ジェームズ・スタインバーグ
元米国務副長官
シラキュース大学教授

シラキュース大学教授。2011-16年に同大学のマックスウェル行政大学院長。2009-11年にはオバマ政権の国務副長官としてクリントン国務長官を支えた。2005年-08年にテキサス大学オースティン校リンドン・B・ジョンソン公共政策大学院長、2001年-05年にブルッキングス研究所の副所長兼外交政策研究部長。1996年から2000年にかけてはクリントン政権で国家安全保障問題担当の大統領副補佐官。主な著書に、米中関係の安定化の方策を説いた「A Glass Half Full? Rebalance, Reassurance and Resolve in the US-China Relationship」 (Brookings Institution Press, 2017)、「米中衝突を避けるために:戦略的再保証と決意」(日本経済新聞出版社、2015年、原著はプリンストン大学出版会、2014年)などがある(上記の2点はいずれもマイケル・オハロン氏との共書)。イエール大学法科大学院で法学博士号を取得。

↑

 
photo

スー・ミ・テリー
CSIS上級研究員
元国家情報会議(NIC)東アジア担当副局長

CSISの朝鮮半島担当の上級研究員。ジョージタウン大学のアジア研究プログラムで教鞭を執るほか、MSNBCやNBCで解説者を務めている。これまでにコロンビア大学ウェザーヘッド東アジア研究所で主任研究員(2011-15年)、外交問題評議会(ニューヨーク)でデビッド・ロックフェラー研究プログラムの国家情報研究員(2010-11年)を歴任した。連邦政府では、国家情報会議(NIC)で東アジア担当の副局長(2009-10年)を務めた。2008年から2009年にかけて、ジョージ・W・ブッシュ大統領とオバマ大統領の下で国家安全保障会議の朝鮮半島・日本・オセアニア担当部長に就き、米国政府のこれらの地域に対する政策の策定、調整、執行を担当した。キャリアの初期には中央情報局(CIA)の朝鮮半島問題担当の主任分析官(2001-08年)を務めた。タフツ大学フレッチャー法律外交大学院で国際関係論の博士号(2001年)を取得。ソウルで生まれ、ハワイとバージニア州北部で育った。

↑

 
photo 北岡 伸一 氏
東京大学名誉教授
国際協力機構(JICA)理事長

国際協力機構(JICA)理事長、東京大学名誉教授、立教大学名誉教授。1971年東京大学法学部卒業。1976年同大学院法学政治学研究科博士課程修了(法学博士)。立教大学法学部教授等を経て、1997-2004年及び2006年-東京大学大学院法学政治学研究科教授。2004-06年特命全権大使(日本政府国連代表部次席代表)。2018年より公益財団法人中曽根康弘世界平和研究所総括研究顧問、2011年紫綬褒章。2012年より、政策研究大学院大学教授、国際大学学長を兼務し、2015年10月より現職。小泉首相の「対外関係タスクフォース」メンバー、日韓歴史共同研究委員会委員、安倍首相の「21世紀構想懇談会」座長代理、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」座長代理および「安全保障と防衛力に関する懇談会」座長、外務省「日中歴史共同研究」日本側委員座長、「いわゆる『密約』問題に関する有識者委員会座長」などを歴任。近著に『官僚制としての日本陸軍』(筑摩書房、2012年)、『門戸開放政策と日本』(東京大学出版会、2015年)など。

↑

 
photo 森本 敏 氏

元防衛大臣
拓殖大学総長



拓殖大学総長、元防衛大臣。昭和16年生まれ。防衛大学校理工学部卒業後、防衛庁入省。外務省アメリカ局安全保障課に出向後、外務省入省。在米日本国大使館一等書記官、情報調査局安全保障政策室長など一貫して安全保障の実務を担当。専門は安全保障、軍備管理、防衛問題、国際政治。野村総合研究所主席研究員を務め、慶應義塾大学、中央大学、聖心女子大学などで教鞭を執り、現職。初代防衛大臣補佐官、第11代防衛大臣を歴任。近著に「徹底討論 どうする!?どうなる!?北朝鮮問題」、「国家の危機管理」、「防衛装備庁-防衛産業とその将来-」など多数。

↑

 
photo 田中 明彦 氏
政策研究大学院大学学長

1981年マサチューセッツ工科大学Ph.D.(政治学)。1984年東京大学教養学部助教授、1990年東京大学東洋文化研究所助教授、1998年東京大学東洋文化研究所教授、2000年東京大学大学院情報学環教授、2002年東京大学東洋文化研究所所長、2009年東京大学理事・副学長、2011年同副学長、2012年−2015年国際協力機構(JICA)理事長、2015年東京大学東洋文化研究所教授、2017年4月政策研究大学院大学学長就任。専門分野は国際政治理論、開発協力、アジアの国際政治、日本外交。2012年に紫綬褒章受章。

↑