講演者紹介

 
photo リチャード・アーミテージ 氏
元国務副長官
アーミテージ・インターナショナル代表

 アーミテージ・インターナショナル代表。ブッシュ政権の2001年-2005年に国務副長官を務めた。また、旧ソ連崩壊に伴い独立した国々(NIS)に対する米国の支援策を指揮したほか、湾岸戦争時には大統領特使としてヨルダンのフセイン国王と会談したことなどで知られる。1983年から1989年に国防次官補(国際安全保障担当)、1981年から1983年に国防次官補代理(東アジア・太平洋地域担当)。1967年、米海軍兵学校を卒業。ベトナム戦争では3度戦闘任務に就いた。国内外より多数の軍事勲章、公共サービス殊勲賞を授与されている。ジョセフ・ナイ・ハーバード大学教授と共に超党派の対日外交・安全保障政策の提言書をまとめてきた。

↑

 
photo マイケル・グリーン 氏
CSIS上級副所長
元大統領補佐官
元国家安全保障会議(NSC)アジア担当上級部長

 戦略国際問題研究所(CSIS)の上級副所長(アジア)兼ジャパン・チェアー。ワシントンのジョージタウン大学国際関係学部でも教鞭をとる(近現代の日本政治・外交講座を担当する准教授)。2001年から2005年まではホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)でアジア部長(日本・朝鮮半島・オーストラリア・ニュージーランド担当)、同アジア担当大統領補佐官兼上級アジア部長を務めた。NSCに加わるまでは、外交問題評議会の東アジア安全保障担当上級研究員、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)助教授などを歴任した。5年に及ぶ日本滞在経験があり、日本語に堪能。国会議員秘書も務めた。現在、アスペン研究所ストラテジー・グループのメンバーで、シンクタンクの新米国安全保障センターの諮問委員でもある。SAISで博士号を取得した。

↑

 
photo ジョセフ・ナイ 氏
ハーバード大学特別功労教授 前ケネディ行政大学院長
戦略国際問題研究所(CSIS)理事
元国防次官補

 ハーバード大学特別功労教授。前ハーバード大学ケネディ行政大学院長。1958年にプリストン大学で学士号を最優等で取得。ローズ奨学金でオックスフォード大学に進学した後、ハーバード大学で政治学博士号を取得し、1964年から同学で教鞭を執る。2008年には国際関係学者2700人の投票により米外交政策上最も影響力のある学者に選ばれ、2011年の調査では国際関係に関して過去20年間で4番目に影響力のある人物に選ばれた。「Foreign Policy」誌による「世界の思想家トップ100人」にも選出されている。
 1977年から79年にかけ国務次官補および国家安全保障会議核兵器不拡散グループ委員長を兼任。1993年から94年には大統領のために諜報評価を行う国家情報会議議長、また1994年から95年にかけては国際安全保障担当の国防次官補を務めた。この間これら3つの政府機関から功労賞を授与されている。
 学術書と小説13冊を出版し、専門誌や政策雑誌に200を超える記事を寄稿。著書には、「The Economist」誌により「緻密で説得力がある」と評された『ソフト・パワー』〔原題:Soft Power〕、『リーダー・パワー: 21世紀型組織の主導者のために』〔原題:The Powers to Lead〕、『大統領のリーダーシップとアメリカの時代の創造[原題:Presidential Leadership and the Creation of the American Era] 』『アメリカの世紀は終わらない』[原題:Is the American Century Over?]など。

↑

 
photo ゲイリー・ラフヘッド 氏
元米海軍作戦部長
フーバー研究所特別軍事研究員

 米国海軍作戦部長(2007−11年)として、弾道ミサイル防衛や無人の航空・海中システム、サイバーへの対応を強化した。作戦部長のポストは海軍制服組のトップであり、統合参謀本部の一員として、大統領や海軍長官へのアドバイザー役を果たす。また、太平洋および大西洋の艦隊を指揮した将校はラフヘッド氏を含め過去に2人しかいない。退役後はフーバー研究所特別招聘研究員、防衛大手ノースロップ・グラマンの社外取締役、シンクタンクの新米国安全保障センターの理事、ジョンズ・ホプキンス大学応用物理学研究所の理事などを務めている。

↑

 
photo エイミー・シーライト 氏
元国防副次官補
CSIS上級アドバイザー

 政府とアカデミアの両方でアジアの防衛、外交、開発、経済政策に携わってきた。直近は国防総省で南・東南アジア担当の次官補代理を務めた(2014-16年)。海外援助機関である国際開発庁(USAID)のアジア担当アドバイザーに就いたほか、国務省では政策立案やアジア太平洋経済協力会議(APEC)に関与した。このほかジョージ・ワシントン大学およびノースウエスタン大学で准教授として教鞭を執った。スタンフォード大学で博士号(政治学)。

↑

 
photo

ジェームズ・スタインバーグ
元国務副長官
シラキュース大学教授

クリントン政権で国家安全保障担当の大統領副補佐官(1996-2000年)、オバマ政権の1期目には外交ナンバーツーの国務副長官(09 -11年)を務めた。ブルッキングス研究所副所長兼外交政策研究部長、テキサス大学オースティン校リンドン・B・ジョンソン公共政策大学院長などを歴任、11年からシラキュース大学マックスウェル行政大学院長。1953年ボストン生まれ。ハーバード大学卒、イェール大学法科大学院で法務博士(J.D)。妻は米大統領府科学技術政策局副局長(環境問題担当)も務めたシャーバーン・アボット氏で、現在はシラキュース大学の持続可能性イニシアチブ副責任者および持続可能性科学・政策担当教授。娘が2人いる。

↑

 
photo 北岡 伸一 氏
東京大学名誉教授

 1971年東京大学法学部卒業。1976年同大学院法学政治学研究科博士課程修了(法学博士)。立教大学法学部教授等を経て、1997-2012年3月東京大学大学院法学政治学研究科教授。2004-06年特命全権大使(日本政府国連代表部次席代表)。2009年より公益財団法人世界平和研究所研究本部長、2011年紫綬褒章。2012年より政策研究大学院大学教授、国際大学学長、東京大学名誉教授を兼務し、2015年10月より国際協力機構(JICA)理事長。小泉首相の「対外関係タスクフォース」メンバー、日韓歴史共同研究委員会委員、安倍首相の「21世紀構想懇談会」座長代理、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」座長代理および「安全保障と防衛力に関する懇談会」座長、外務省「日中歴史共同研究」日本側委員座長、「いわゆる『密約』問題に関する有識者委員会座長」などを歴任。近著に『外交的思考』(千倉書房、2012年)、『日本政治の崩壊 第三の敗戦をどう乗り越えるか』(中央公論新社、2012年)など。

↑

 
photo 國分 良成 氏
防衛大学校長

 防衛大学校長、慶應義塾大学客員教授、法学博士。1953年生まれ。1981年慶應義塾大学大学院博士課程修了後、慶應義塾大学法学部専任講師、85年助教授、92年教授、99年から07年まで東アジア研究所長、07年から11年まで法学部長。12年4月より防衛大学校長就任、慶應義塾大学法学部客員教授。この間、ハーバード大、ミシガン大、復旦大、北京大、台湾大の客員研究員を歴任。専門は中国政治・外交、東アジア国際関係。元日本国際政治学会理事長、元アジア政経学会理事長。著書に『中国政治からみた日中関係』(岩波書店、2017)、『現代中国の政治と官僚制』(慶應義塾大学出版会、2004年度サントリー学芸賞)、『アジア時代の検証 中国の視点から』(朝日選書、1997年度アジア太平洋賞特別賞)、『中華人民共和国』(ちくま書房、1999年)、編著に『現代東アジア』(慶應義塾大学出版会、2009)、『日本の外交第4巻 対外政策地域編』(岩波書店、2013)など。

↑

 
photo 高村 正彦 氏
自由民主党副総裁

昭和40年 3月 中央大学法学部法律学科卒業
昭和43年 4月 弁護士登録
昭和55年 6月 衆議院議員当選(以降12回連続当選)
昭和62年 11月 防衛政務次官
平成 元年 6月 大蔵政務次官
平成 2年 3月 自由民主党 国防部会長
平成 3年 1月 衆議院災害対策特別委員長
平成3年 11月 衆議院農林水産常任委員長
平成 6年 6月 国務大臣・経済企画庁長官
平成 8年 11月 外務政務次官
平成10年 7月 外務大臣
平成12年 12月 法務大臣
平成14年 3月 自由民主党 対外経済協力特別委員長
平成15年 6月 衆議院イラク人道復興支援並びに国際テロリズムの防止
及びわが国の協力支援活動等に関する特別委員長
平成19年 8月 防衛大臣
平成19年 9月 外務大臣
平成22年 2月 自由民主党 政治倫理審査会長
平成22年 10月 自由民主党 国家戦略本部 外交安全保障座長
平成23年 10月 自由民主党 外交・経済連携調査会長
平成24年 9月 自由民主党 副総裁
平成24年 11月 自由民主党 外交再生戦略会議 議長
平成26年 12月 衆議院議員 当選(12回目)
  現在に至る

↑

 
photo 森本 敏 氏

防衛大臣政策参与
元防衛大臣
拓殖大学総長



 昭和16年生まれ。防衛大学校理工学部卒業後、防衛庁入省。外務省アメリカ局安全保障課に出向後、外務省入省。在米日本国大使館一等書記官、情報調査局安全保障政策室長など一貫して安全保障の実務を担当。専門は安全保障、軍備管理、防衛問題、国際政治。野村総合研究所主席研究員を務め、慶應義塾大学、中央大学、聖心女子大学などで教鞭を執り、現職。初代防衛大臣補佐官、第11代防衛大臣を歴任し、現在は防衛大臣政策参与。近著に『”海洋国家”中国にニッポンはどう立ち向かうか』、『防衛装備庁−防衛産業とその将来−』など多数。

↑