美術展


日中国交正常化45周年記念
京劇「楊門女将2017」
天津京劇院日本公演

東京公演
2017年6月21日(水)~ 6月29日(木) 東京芸術劇場 プレイハウス

大阪公演
2017年6月30日(金)NHK大阪ホール

名古屋公演
2017年7月2日(日)愛知県芸術劇場 大ホール

全二幕 約2時間(休憩あり)・日本語字幕あり

出演:天津京劇院 詳細はこちら
ものがたり&みどころ 詳細はこちら
主演紹介 詳細はこちら
登場人物 詳細はこちら
チケット情報

戦う女性の愛と悲しみ ――
色とりどりの晴れ着から鎧に装いを変え
楊家三代にわたる嫁姑たちは武将となって出陣する

 

会期・会場
東京公演:
2017年6月21日(水)~ 6月29日(木)
東京芸術劇場 プレイハウス 11公演
豊島区西池袋1-8-1
大阪公演:
2017年6月30日(金)
NHK大阪ホール 2公演
大阪市中央区大手前4-1-20
名古屋公演: 2017年7月2日(日)
愛知県芸術劇場 大ホール 1公演
名古屋市東区東桜1-13-2
公演スケジュール
東京
日程 開演時間
6/21(水) 19:00
22(木) 13:30
23(金) 13:30
24(土) 13:00 17:00
25(日) 13:00 17:00
26(月) 休 演
27(火) 13:30 19:00
28(水) 13:30
29(木) 13:30
大阪
日程 開演時間
6/30(金) 14:00 19:00
名古屋
日程 開演時間
7/2(日) 15:00

※ 開場は各開演の30分前。※就学前のお子様の入場・同伴はお断りいたします。
※ 出演者に変更がある場合がございます。
入場料
(消費税込)
東京公演 全席指定 8,800円
大阪・名古屋公演 全席指定 S席 8,800円、A席 7,700円
2月18日(土)より前売り開始
主催 日本経済新聞社(全国)、NPO法人京劇中心(全国)
公益財団法人都民劇場(東京)
テレビ大阪(大阪)
テレビ愛知(名古屋)
共催 人民日報社(全国)
特別協賛
協賛 岡谷鋼機(名古屋)
後援 中華人民共和国文化部、外務省、中国大使館、中国文化センター、(公社)日中友好協会、日本国際貿易促進協会、(一財)日本中国文化交流協会、日中友好議員連盟、(一財)日中経済協会、(一社)日中協会、(公財)日中友好会館、(公社)国際演劇協会日本センター (以上全国)
(一社)日中経済貿易センター(大阪)
(一社)東海日中貿易センター(名古屋)
協力 西武鉄道、東武鉄道(以上東京)
派遣 中国対外文化集団公司
チケット 2017年2月18日(土)10:00AMから発売開始
チケットぴあ
0570-02-9999(音声認識予約・Pコード東京:456-260、大阪:456-261、名古屋:456-262)
ローソンチケット
0570-000-407(オペレーター予約)
[東京]0570-084-003(Lコード 33543)
[大阪]0570-084-005(Lコード 55543)
[名古屋] 0570-084-004(Lコード 43188)
イープラス
東京公演大阪公演名古屋公演
日経ショップ
03-6256-7682(窓口販売のみ・2月20日以降、東京公演のみ)
東京芸術劇場
ボックスオフィス
0570-010-296(東京公演のみ)
http://www.geigeki.jp/t/(PC)
http://www.geigeki.jp/i/t/(携帯)
愛知芸術文化センターPG
052-972-0430(名古屋公演のみ)
京劇公演事務局
03-5281-8066/0120-80-5560

▲ ページのトップへ

お問い合わせ 京劇公演事務局(楽戯舎内)
TEL:03-5281-8066/0120-80-5560
ものがたり

みどころ
北宋、仁宗(じんそう)皇帝の時代。 遼(りょう)、西夏(せいか)など周辺国の度重なる侵略のため、武門の誉れ高い楊家一族は勇猛な武将らを戦死や捕虜などで失い、残された遺族は女性ばかりとなっていました。
楊家では、戦場に出向いている元帥・楊宗保(ようそうほ)の五十歳の誕生日を祝い、ひときわ華やいでおりました。祖母・佘太君(しゃたいくん)をはじめ、母・柴郡主(さいぐんしゅ)と妻・穆桂英(ぼくけいえい)、叔母・楊七娘(ようしちじょう)たちが集い、息子の楊文広(ようぶんこう)も顔を見せます。
その宴席に、戦場からの使者・孟(もう)、焦(しょう)両将軍がやってきて宗保殉国を報じました。祝いの宴が一変し、楊一族は悲しみに暮れるのでした。
仁宗が葬式に列席し今後の国の方針を論議します。大臣・王輝(おうき)は和睦を主張し、大臣・寇準(こうじゅん)は戦闘を主張、佘太君と穆桂英は従軍出征を志願しました。仁宗は当年百歳となる佘太君を元帥に起用し、先陣の将軍を穆桂英に命じるのでした。そして、楊文広も少年将軍として威風堂々と参戦し、楊家一族の女性将軍が揃って出陣します。
西夏王・王文は女と子供のひ弱な集団だと高をくくり、勢いに押されて大敗を喫します。そこで王文は詭計をめぐらし楊文広を誘い出すのですが、佘太君はその裏をかいて穆桂英母子を葫蘆(ころ)谷に入らせ、桟道を探し出し、敵軍を挟み撃ちにしようとします。
知力、武力を総動員して立ち向かう、楊家の女性将軍たちの運命やいかに・・・。

▲ ページのトップへ

主演紹介

穆桂英役
王 艶
 ワン・イエン
国家一級俳優
天津京劇院実験団団長
青衣(チンイー)、花衫(ホワシャン)
青衣は唱を主とする女性役で良妻賢母の人物が多い。 花衫は青衣に立ち回りのように激しい動きも兼ね備える。

1995 天津芸術学校卒業。研修の後に天津京劇院へ。

2001 全国京劇優秀青年俳優コンクールで《断橋》の白素貞を演じ、一等賞受賞。

2002 中国京劇優秀青年俳優研究生班で学ぶ。

2004 第4回中国京劇節、大型新編京劇《媽祖》で、優秀演技賞受賞。

2005 CCTV全国青年京劇俳優テレビコンクールで金賞受賞。

2011 《謝瑶環》で、第25回中国戯劇戯曲梅花賞(首席)受賞。

2013 中国芸術節で“文華演技賞”受賞。

「王艶は扮装姿が端正で美しく、歌声はさわやかでつやがあり、まろやかである。」 「演技は細やかで、真に迫っている。文武両道に長けている。」 「王艶の舞台芸術は今まさに日々成長している。」 など、演劇記者たちの注目を集める京劇俳優だ。

楊七娘役
許佩文
 シュー・ペイウェン
刀馬旦(ダオマーダン) 鎧の衣装で小道具を扱う立ち回りと唱を主とする女性役。 王艶と学生時代より同期でともに研鑽を積んできた。穆桂英役もこなすベテラン。
佘太君役
魏玉慧
 ウェイ・ユーフイ
老旦(ラオダン) 壮年以上の女性役でパワフルな唱が特徴。 昨年18歳で天津京劇院に入ったばかりで大役に抜擢された大型新人。百歳の女性元帥を熱演。
楊文広役
王 一
 ワン・イー
武生(ウーション) 立ち回りを主とする男性役。 少年・文広役は本来女性が演じるがヨーロッパ公演の際に抜擢され好評を得た。
焦延貴役
王嘉慶
 ワン・ジアチン
浄(ジン) 隈取をするエネルギッシュな男性役。 文武両道に優れ、潜在能力を発揮して多彩な役をこなす国家一級俳優。
登場人物 佘太君 しゃたいくん
七男二女と一養子がおり、夫を亡くしてからは楊家を束ね、 ついには百歳の女元帥となる。
楊七娘 ようしちじょう
佘太君の七男・楊七郎の妻。 この出陣では副先行将軍となる。
穆桂英 ぼくけいえい
佘太君の孫で楊家の血を引く最後の元帥・楊宗保の妻。 夫に代わり国を守って先行将軍となる。
楊文広 ようぶんこう
楊一族で唯一の男子となった、楊宗保と穆桂英の一人息子。 少年将軍となって出陣。

(中央) 宋仁宗 そうじんそう
北宋の皇帝。
(左) 王輝 おうき
和睦を主張する北宋の大臣。
(右) 寇準 こうじゅん
出征を主張する北宋の大臣。

 

焦廷貴 しょうていき
楊宗保の殉死を知らせに辺境から戻る将軍。
孟懐源 もうかいげん
楊宗保の殉死を知らせに辺境から戻る将軍。

(中央) 王文 おうぶん
辺境を侵す西夏王。
(左) 王翔 おうしょう
王文の息子。
(右) 魏古 ぎこ
西夏の軍師。

天津京劇院紹介 1956年に成立した天津京劇院は、中国国家重点京劇院団であり国家無形文化遺産の保護機関でもある。現在、一団と実験団、元声京劇坊工作室(京劇元来のマイクを使わない上演形式を創作)という構成。
天津京劇院には中国戯劇梅花賞受賞者9名、梅蘭芳金賞受賞者3名が所属しており、これまで創作した演目は輝かしい実績を残している。現代京劇《華子良》は文化部第二回保存演目大賞、文化部第十回“文華大賞”を受賞。《護国将軍》は第五回中国京劇芸術節金賞を、《媽祖》(主演:王艶)は中央宣伝部第十回精神文明建設“五つのプロジェクト”優秀作品賞を、《香蓮案》は第六回中国京劇芸術節一等賞を受賞し、国家舞台芸術優秀演目プロジェクトの支援演目に選ばれ、第十四回文華賞優秀演目賞を受賞した。2014年、新編京劇《康熙大帝》は第七回中国京劇芸術節で好評を博し、整理加工演目(伝統演目のリニューアル版)《乾坤福寿鏡》(主演:王艶)は国家芸術基金2015年度支援演目に選ばれた。
天津京劇院の若手俳優とベテラン俳優は、その確かな実力とバラエティに富んだ演目で、アメリカ、フランス、イギリス、イタリア、スペイン、スイス、コロンビア、メキシコ、韓国、日本や香港、マカオ、台湾など、十数の国家と地域で公演し、交流公演や商業公演の任務を果たし、幅広い観客の賞賛を浴びた。これによって、中国の優秀な民族文化の伝達や普及、中国と海外との交流の拡大、友好関係の増進、両岸関係の改善に重要な貢献をも果たしている。

イベント一覧に戻る

▲ ページのトップへ