美術展


第11回日経能楽鑑賞会

狂言「 八句連歌 はちくれんが 」野村萬(和泉流)
能 「 雲林院 うんりんいん 」梅若玄祥(観世流)
2017年6月1日(木) 18:30開演

狂言「 鎌腹 かまばら 」野村万作(和泉流)
能「 葵上 あおいのうえ 」浅見真州(観世流)
2017年6月2日(金) 18:30開演

国立能楽堂 

日本経済新聞社は、2007年(平成19年)より、現代の能楽界を代表する狂言の野村萬 、野村万作(ともに和泉流)、能の友枝昭世(喜多流)、浅見真州(観世流)による「日経能楽鑑賞会」を毎年開催し、昨年第10回の節目を迎えました。
今年から能は梅若玄祥(観世流)と浅見真州という新たな組み合わせで開催いたします。
梅若シテによる「雲林院」、浅見シテによる「葵上」は、それぞれ『伊勢物語』、『源氏物語』という不朽の古典を典拠とする名曲です。
狂言はこれまで同様、野村萬、野村万作(ともに和泉流)が出演。萬が「八句連歌」、万作が「鎌腹」でシテを勤めます。
室町時代に生まれ、激動の時代を乗り越えてきた日本文化の精髄、能楽。確固たる技術と情趣豊かな表現力を持つ、まさに現代日本の最高峰の能楽師による名曲舞台で新たなスタートを切る「日経能楽鑑賞会」にご期待ください。

詳細はこちら


数々の国際コンクールでの受賞歴を誇り、師メジモレックの後任として、ウィーン国立音楽演劇大学ピアノ科主任教授に就任したヒンターフーバーは指導の傍ら、コンチェルトのソリスト、室内楽そしてソロ・リサイタルに、ウィーンで最も活動的なピアニストの一人。バーデンのベートーヴェン・ハウスのリニューアル記念演奏会に出演するなど、ウィーン楽派の第一人者としての呼び声が高い。心技体充実の40代。 カンヌ映画祭審査員特別グランプリに輝いた映画『ピアニスト』に登場したエレガントな「手」が奏でるシューベルトに期待が高まる。

詳細はこちら


日中国交正常化45周年記念
京劇「楊門女将2017」
天津京劇院日本公演

  • 東京公演
    2017年6月21日(水)~6月29日(木)
    東京芸術劇場 プレイハウス
  • 大阪公演
    2017年6月30日(金)
    NHK大阪ホール
  • 名古屋公演
    2017年7月2日(日)
    愛知県芸術劇場 大ホール 

戦う女性の愛と悲しみ ――
色とりどりの晴れ着から鎧に装いを変え
楊家三代にわたる嫁姑たちは武将となって出陣する

詳細はこちら

東京公演、大阪公演では、舞台鑑賞に事前講座とオンステージツアーをセットにした体験型講座、日経アカデミア特別講座「京劇を学ぶ」を開講します。詳しくはこちら


イングリッシュ・ナショナル・バレエ 2017年日本公演

  • 「コッペリア」全3幕
    2017年 7月8日(土) 13:00開演
        18:00開演
      7月9日(日) 14:00開演
  • 「海賊」プロローグ付全3幕
    2017年 7月14日(金) 18:30開演
      7月15日(土) 14:00開演
      7月16日(日) 14:00開演
      7月17日(月・祝) 14:00開演
  • 東京文化会館(上野)

「コッペリア」  ©Laurent Liotardo


「海賊」  ©Laurent Liotardo

イングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)の来日公演を7月8日から17日まで上野の東京文化会館で開催します。今回の演目は、ENBのバレエ団としての実力と魅力を存分に味わっていただける「コッペリア」、「海賊」の古典2作をお届けします。リード・プリンシパルで芸術監督のタマラ・ロホや世界的トッププリマのアリーナ・コジョカルを擁するバレエ団の舞台にご期待ください。

公式ホームページはこちら


1982年ARDミュンヘン国際コンクールで最高位(1位なし2位)を獲得し、85年には米国で権威のあるナウムバーグ・コンクールで優勝し、ソリストとしての地位を確立。「ニューヨーカー」誌において「クラリネットの達人であり、もはやクラリネット奏者の域を超えている」と評されるように、最も魅力的なヴィルトゥオーゾの一人として世界的に認められている。魅惑的な美音とテクニックは、世界の批評家はもちろん、音楽仲間からも賞賛を得ている。

詳細はこちら


日本ジャズ・ヴォーカル大賞をはじめ、ジャズ・ディスク大賞、日本ゴールド・ディスク大賞、文化庁主催芸術祭レコード部門優秀賞など数々の受賞に輝く、日本が誇る天才ジャズ・ヴォーカリスト小林桂が、ジャズレコード史100周年を記念して名スタンダードナンバーの数々を披露。幅広い世代に愛される小粋なジャズにこだわる小林桂の優しさが詰まったジャズレコード100周年を記念してのスペシャルコンサート。

詳細はこちら


巨匠フィッシャー=ディースカウの後継者と称され、オペラ、リート、現代音楽まで幅広く活躍する名バリトン、ディートリヒ・ヘンシェル。艶やかな声でドラマティックに、ドイツ・リートの傑作を歌う。愛と失恋、青春の日々をロマンティックに歌い上げるシューマン「詩人の恋」、今年没後190周年を迎えたベートーヴェンが生涯の愛への追憶を込めた「遥かなる恋人に寄す」など、言葉と音楽で紡ぎだす感動の芸術に期待が高まる。

詳細はこちら


大手町座 第21回
ザ・ニュースペーパー ~演じる新聞、観る新聞~

  • 2017年 9月15日(金) 19:00開演
      9月16日(土) 13:00開演
        17:00開演

日経ホール

アベ、とらんぷ、コイズミ・・・激動の世界で“活躍”するアノ人、コノ人が日経ホールに5度目の登場(?)。お得意の政治ネタや社会ネタに、ビジネス街「大手町」にちなんで経済ネタも織り交ぜて、今を生きる社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」が抱腹絶倒の舞台を繰り広げます。

詳細はこちら


「バイエルン国立歌劇場」2017年日本公演

  • ワーグナー作曲
    「タンホイザー」(全3幕)
    指揮:キリル・ペトレンコ
    演出:ロメオ・カステルッチ
    2017年 9月21日(木) 15:00開演
      9月25日(月) 15:00開演
      9月28日(木) 15:00開演

    NHKホール(渋谷)
  • モーツァルト作曲
    「魔笛」(全2幕)
    指揮:アッシャー・フィッシュ
    演出:アウグスト・エヴァーディング
    2017年 9月23日(土・祝) 15:00開演
      9月24日(日) 15:00開演
      9月27日(水) 18:00開演
      9月29日(金) 15:00開演

    東京文化会館(上野)

キリル・ペトレンコ Photo:Wilfried Hösl


「魔笛」 Photo:Wilfried Hösl

欧州を代表する名門歌劇場のひとつ「バイエルン国立歌劇場」の6年ぶりの来日公演を9月に東京で開催します。
ミュンヘンにある「バイエルン国立歌劇場」はバイエルン王の宮廷歌劇場の流れを汲む伝統と格式を誇る歌劇場です。今回は音楽総監督キリル・ペトレンコ指揮でワーグナー作曲「タンホイザー」(今年5月本国初演)とアッシャー・フィッシュ指揮でモーツァルト作曲「魔笛」の2演目を上演します。ベルリン・フィルの次期首席指揮者の就任が決まり、世界中の音楽ファンから熱い注目を浴びるペトレンコの初来日公演となります。
モーツァルトやワーグナーも活躍したドイツ屈指の歌劇場の舞台にご期待ください。

詳細はこちら



イルジー・ビエロフラーヴェク指揮
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

2017年10月 3日(火) 19:00開演(18:30開場)
  4日(水) 19:00開演(18:30開場)

サントリーホール


写真上段 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 ©Václav Jirásek
同下段左 ジャン=ギアン・ケラス(チェロ)©Marco Borggreve
同下段中 イルジー・ビエロフラーヴェク(首席指揮者)
同下段右 アリス=紗良・オット(ピアノ) ©Takuo Sato

─ 音楽大国チェコが誇る巨匠&オーケストラが魅せる"音の万華鏡"─
音楽大国チェコが世界に誇るチェコ・フィルハーモニー管弦楽団。1896年の創設後の初公演をドヴォルザークの指揮で開催、さらに1908年マーラーの交響曲第7番をマーラー自身の指揮で初演するなど、世界の音楽史に輝かしい足跡をのこしつづけている名門オーケストラです。ターリヒ、クーベリック、アンチェル、ノイマンといった歴代の首席指揮者、そして現在その任にあるイルジー・ビエロフラーヴェク。彼ら名だたるチェコ人の名指揮者によって、チェコ・フィルにしか出せない芳醇なる響きを培ってきました。
ブラームス、ドヴォルザークの屈指の名曲に、ジャン=ギアン・ケラス(チェロ、3日)、アリス=紗良・オット(ピアノ、4日)という若きヴィルトゥオーゾを迎えての協奏曲という贅沢なプログラムでお届けします。

 

公式サイトはこちら


ロシア文化の源流、帝政ロシア時代の1783年に古都サンクトペテルブルクに創立され、今や世界を代表する歌劇場の一つであるマリインスキー劇場。指揮者ゲルギエフ率いる同劇場で研鑽を積み、演奏を重ねたソプラノ歌手中村初惠が橋渡しとなり、夢の響演がついに実現!マリインスキー劇場のソリストとして国際的に活躍する新進気鋭の歌手やピアニストを迎え、その魅力をあます事なく披露。品格の高い演奏と共に、ロシアオペラの情熱溢れる華やかな旋律、ロシア歌曲の優美な調べとその詩の素晴らしさは新鮮な感動を呼ぶであろう。芸術の秋を彩る華やかな響宴に期待が高まる。

詳細はこちら


名門ニューヨーク・ジュリアード音楽院とフィラデルフィア・カーティス音楽院で学び、シンシナティ交響楽団やウィーン交響楽団などトップオーケストラの首席奏者を務めたのちソリストとして活躍。母国では大スターで知らぬ人のいない程の天才フルーティストとして称えられている。ドイツ、オーストリア、イタリア他ヨーロッパ各国をはじめアメリカ、アジア等国際的に活躍。ソロとしては初の日本ツアーに大きな期待がかかる。

詳細はこちら

▲ ページのトップへ