コンサート・オペラ・舞台


国際音楽祭NIPPON 2020

新型コロナウイルス感染拡大のため2020年3月に開催を予定しておりました公演を下記の通り延期して開催します。

尾高忠明 指揮 NHK交響楽団

2021年5月10日(月)19:00開演
サントリーホール(東京)

料金(税込):S/9,000円 A/7,500円 B/6,500円 C/5,000円 学生席/3,000円

出演:尾高忠明(指揮)/NHK交響楽団/諏訪内晶子(ヴァイオリン/芸術監督)

プログラム/シベリウス:「ペレアスとメザリンド」組曲 Op.46
デュティユー:ヴァイオリンと管弦楽のための夜想曲「同じ和音の上で」
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 Op.77


主催:ジャパン・アーツ/日本経済新聞社
特別協賛:株式会社豊田自動織機、トヨタ自動車株式会社、豊田通商株式会社、アイシン精機株式会社


諏訪内晶子
(c)TAKAKI KUMADA




世界的ヴァイオリニスト、諏訪内晶子が2012年から芸術監督として取り組む「国際音楽祭NIPPON」。多彩な出演者が繰り広げるコンサートなど、音楽家として充実期を迎えている諏訪内晶子を中心に毎回バラエティーに富んだプログラムをお届けしています。

国際音楽祭NIPPON 2020 HPはこちら


名手シェレンベルガーが密かに温めてきたオーボエ、ヴィオラ、ピアノという珍しい組合せのトリオを、気心の知れた日本の仲間たちと共にここに実現。オーボエ、ヴィオラという楽器の魅力にも存分に触れていただけるプログラムです。トリオの作曲家レフラーとクルークハルトは、いずれも1800年代半ばにドイツで生まれ、レフラーはアメリカでヴァイオリニストとしても活躍、一方、クルークハルトはドイツで指揮者としても活躍、ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」も指揮している。

詳細はこちら

日経ホールご来場のお客様へ


日本・ロシアでドン・ジョヴァンニを演じて大絶賛、旬のオペラ歌手。サンクトペテルブルク生まれ。日本トスティ歌曲コンクール2015 第1位および特別賞、第14回東京音楽コンクール声楽部門第2位、第52回日伊声楽コンコルソ第1位および最優秀歌曲賞受賞。17年プレトニョフ指揮、ロシア・ナショナル管と演奏会形式で、チャイコフスキーの歌劇「イオランタ」に出演。

詳細はこちら

日経ホールご来場のお客様へ


1986年にクラウディオ・アバドの主催するEUユース・オーケストラのコンサートマスターに就任。94年、僅か28歳の若さでウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに就任し2000年まで務める。ウィーンで学んだ経験がない音楽家として初めてウィーン・フィルのコンサートマスターに抜擢されたことは世界中で大きな話題となった。室内楽演奏にも力を入れ、定期的に公演を行っており、2000年よりニュルンベルグ音楽大学教授となり、13年より16年まで読売日本交響楽団のコンサートマスターを務めた。

詳細はこちら

日経ホールご来場のお客様へ


新型コロナウイルスの国内外での感染拡大で、出演者らの入国が困難となったため中止させていただきます。

チケットの払い戻しを行います。ご購入先によって払い戻し方法が異なりますので、ご確認の上、お手続きをお願い致します。
詳細はこちらから

第498回日経ミューズサロン
シプリアン・カツァリス ピアノ・リサイタル
~鍵盤の魔術師カツァリスが生誕250周年を記念してベートーヴェンを弾く~

2021年3月6日(土)18:30開演
日経ホール

1972年ベルギーのエリザベート王妃国際音楽コンクールでは唯一の西ヨーロッパ人受賞者となった。84年にベートーヴェンの交響曲全曲のリスト編曲版をレコーディングして全世界にその名を轟かせ「レコード・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞。86年に初来日し、鍵盤の魔術師と言われ、92年NHKのピアノレッスン番組「ショパンを弾く」での、模範演奏と指導は大きな話題となった。2000年にフランス政府より「芸術文学勲爵士」を授与された。記念すべきベートーヴェン生誕250周年公演に期待が高まる!

詳細はこちら


新型コロナウイルスの国内外での感染拡大で、出演者らの入国が困難となったため、出演者を変更して開催させていただきます。

現在お手持ちのチケットで、そのままご入場いただけますが、ご来場できないお客様、チケット代金の払い戻しを希望されるお客様の払戻しにつきましては、チケットの払い戻しを行います。ご購入先によって払い戻し方法が異なりますので、ご確認の上、お手続きをお願い致します。
詳細はこちらから

第508回日経ミューズサロン
ケマル・ゲキチ ピアノ・リサイタル
〜進化し続けるピアニスト鬼才ケマル・ゲキチの驚異的超絶技巧を聴く〜

2021年 3月9日(火) 14:00開演
    18:30開演

日経ホール

1985年、第11回ショパン国際ピアノコンクールで、ゲキチは第三次予選まで進みながらも、そのあまりに強烈な演奏に審査が分かれ本選進出はならず、これに抗議した審査員が次々に審査を辞退するという、一大センセーションを巻き起した。翌年、ショパン・コンクールと同じ会場、同じオーケストラで「幻の最終予選」としてゲキチは演奏を披露、その圧倒的なピアニズムに聴衆は驚嘆し、今や伝説として語られる世紀のコンサートとなった。

詳細はこちら

日経ホールご来場のお客様へ


新型コロナウイルスの国内外での感染拡大で、出演者らの入国が困難となったため、出演者を変更して開催させていただきます。

現在お手持ちのチケットで、そのままご入場いただけますが、ご来場できないお客様、チケット代金の払い戻しを希望されるお客様の払戻しにつきましては、チケットの払い戻しを行います。ご購入先によって払い戻し方法が異なりますので、ご確認の上、お手続きをお願い致します。
詳細はこちらから

第509回日経ミューズサロン
パヴェル・ゴムツィアコフ(チェロ)・津田裕也(ピアノ) デュオ・リサイタル
~デュメイ、ピリス、ゲルギエフがその才能を高く評価したロシア系チェリストの新世代を代表する名手ゴムツィアコフとミュンヘン国際コンクール特別賞受賞の津田の競演~

2021年 4月7日(水) 14:00開演
    18:30開演

日経ホール

ロシア系チェリストのゴムツィアコフは、世界的ピアニストのマリア・ジョアン・ピリスに若くしてその才能を見出され、世界各地で共演。ドイツ・グラモフォンに録音したアルバムは2009年にリリースされ、グラミー賞にノミネートされた。翌年シカゴ響との協演で華々しいアメリカ・デビューを果たし絶賛され、ゲルギエフの招きにより白夜祭でも演奏。津田裕也は、現在日本を代表するピアニストの一人で、07年仙台国際音楽コンクール第1位、11年ミュンヘン国際コンクール特別賞受賞。迫真の競演に注目したい。

詳細はこちら

日経ホールご来場のお客様へ


「ミラノ・スカラ座」日本公演は新型コロナウイルスのイタリアおよび世界的な感染状況を踏まえ、9月15日から予定していた公演(管弦楽団コンサート含む)を延期します。

延期時期につきましては、引き続きスカラ座側と協議中のため、決まり次第、紙面と公式サイトなどで発表します。
日本舞台芸術振興会ホームページへ

「ミラノ・スカラ座」2020年日本公演

  • プッチーニ作曲「トスカ」全3幕
    指揮:リッカルド・シャイー
    演出:ダヴィデ・リヴェルモア
    2020年 9月15日(火) 18:30開演
      9月19日(土) 15:00開演
      9月22日(火・祝) 15:00開演
      9月26日(土) 13:00開演
    東京文化会館(上野)
  • ヴェルディ作曲「椿姫」全3幕
    指揮:ズービン・メータ
    演出:リリアーナ・カヴァーニ
    2020年 9月20日(日) 15:00開演
      9月23日(水) 18:30開演
      9月25日(金) 15:00開演
      9月27日(日) 13:00開演
    NHKホール(東京・渋谷)
    ミラノ・スカラ座来日記念
    ミラノ・スカラ座管弦楽団・合唱団 特別演奏会
  • 指揮:リッカルド・シャイー

    曲目:ベートーヴェン
    交響曲 第8番 ヘ長調Op.93、
    第9番 ニ短調Op125 合唱付き

    2020年 9月18日(金) 19:00開演
    サントリーホール
  • 指揮:ズービン・メータ
    曲目:マーラー 交響曲 第3番 ニ短調
    2020年 9月24日(木) 19:00開演
    東京文化会館

「トスカ」 ©Brescia e Amisano‐Teatro alla Scala


「椿姫」 ©Brescia e Amisano‐Teatro alla Scala

イタリア・オペラの殿堂「ミラノ・スカラ座」の7年ぶりとなる来日公演はプッチーニ作曲「トスカ」とヴェルディ作曲「椿姫」というイタリア・オペラを象徴する二人の作曲家の代表作を上演します。
「トスカ」は音楽監督リッカルド・シャイーの指揮で昨年12月に始まった今シーズンの開幕を飾り、好評を博した新演出版を早くも日本で上演します。「椿姫」は"ヴェルディの劇場"とも称されるスカラ座が長年大切にしてきた名舞台を、日本でのスカラ座との共演は初となる巨匠ズービン・メータの指揮でお届けします。
オペラ発祥の地と言われるイタリアが誇るミラノ・スカラ座の舞台にご期待ください。
また、ミラノ・スカラ座の来日を記念して、シャイーとメータ、それぞれの指揮で特別演奏会も開催します。

詳細はこちら

▲ ページのトップへ

▲ ページのトップへ