コンサート・オペラ・舞台


第491回日経ミューズサロン
クアルトナル(ヴォーカルアンサンブル) クリスマス・コンサート
~ドイツ国際合唱コンクールで優勝した正統派男声ア・カペラグループ初来日!~

2019年12月18日(月) 午後6時30分開演
日経ホール

名門ユーテルゼン少年合唱団出身者4人で結成された「クアルトナル」は、いまドイツで注目されているア・カペラ男声ユニット。ドイツ国際合唱コンクールのアンサンブル部門で優勝後、世界中で演奏活動を繰り広げており、世界各地の音楽祭への出演も多い。日本初来日となる今回は、クアルトナル至極のレパートリーの中から選ばれた名曲の数々と、クリスマス・ソングを演奏。男声ア・カペラの熱い歌声に包まれて祝うクリスマスの一夜。

 

 

会期 2019年12月18日(水)
午後6時30分(午後6時開場)
会場 日経ホール
千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階
地図はこちら
入場料 一般 3,800円
子供 2,500円
(小学生以上、高校生以下)
税込・全指定席
※子供券は日経公演事務局のみで受付
主催 日本経済新聞社
協賛
チケット 9月12日(木)10:00AMから発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999
(音声認識予約・
Pコード:162-598)
e+(イープラス)  
Confetti
(カンフェティ)
0120-240-540
日経ショップ 03-6256-7682
<店頭販売のみ>
日経公演事務局 03-5227-4227
(平日10:00-18:00)
お問合せ 日経公演事務局
TEL:03-5227-4227
(平日10:00-18:00)
※チケットは全席指定・税込です。
※未就学児童のご入場はお断りします。
※やむを得ない事情により出演者・曲目などが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
出演 クアルトナル(ヴォーカルアンサンブル)
詳細はこちら
プログラム カミーユ・サン=サーンス/冬のセレナーデ
マシュー・ハリス/ラブ・ソングス
ハーバート・ヒューズ/ダウン・バイ・ザ・サリーガーデン
クレマン・ジャヌカン/鳥の歌
フレデリック・ブリッジ/ザ・ゴスリングス
ジョー・ダッサン/オー・シャンゼリゼ
ピーター・セテラ&デイヴィッド・フォスター/素直になれなくて
ジョン・レノン&ポール・マッカートニー/ブラック・バード
伝承歌/ラ・クカラーチャ
13世紀のグレゴリオ聖歌/久しく待ちにし主よ来たりて
グレゴリオ聖歌/喜び給え
J.S.バッハ/優しくも愛らしき
クリスマス・キャロル/もろびと声あげ
クリスマス・キャロル/ディンドン!といと高きところでほがらかに
伝承歌/ひいらぎとつたは
ジョイス・エイラース・バカク/ブライトリー・シャイン・ザ・スター・オブ・ワンダー
伝承歌/リトル・ドラマー・ボーイ
伝承歌/ジングル・ベル
ヒュー・マーティン/あなたに楽しいクリスマスを
メル・トーメ&ボブ・ウェルズ/ザ・クリスマス・ソング
サミー・カーン/レット・イット・スノー
アーヴィング・バーリン/ホワイト・クリスマス
1600年代の音楽/エサイの根よりEs ist ein Ros entsprungen
スピリチュアル/世界に告げよ
クアルトナル(ヴォーカルアンサンブル) Quartonal

北ドイツの名門ユーテルゼン少年合唱団出身者4人で結成された「クアルトナル」は、いまドイツで最も熱いア・カペラ男声ユニットである。メンバーは、ミルコ・ルードヴィッヒ(テノール)、ジョー・ホルツワース(テノール)、クリストフ・ベーム(バリトン)、ゼンケ・タムス・フライアー(バス)。その幅広いレパートリーと洗練された演奏、そして4人のカリスマ性溢れるキャラクターで、多くの聴衆を魅了している。
2006年に「クアルトナル」を結成した後、「ドイツ国際合唱コンクール」(ドルトムント)のヴォーカル・アンサンブル部門で優勝。12年には、ドイツ・ライプツィヒで開催されたア・カペラ・コンテストと「トロサ国際合唱コンクール」(スペイン)で聴衆賞及び審査員賞を受賞した。
世界中で演奏活動を繰り広げており、ドイツ国内のみならず、デンマーク、ベルギー、フランス、イギリス、スペイン、イタリア、スイス、ポーランド、スロバキア、台湾、中国等で展開。シュレースヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、シュトゥットガルト音楽祭、ラインガウ音楽祭、MDRムジークゾンマー、メックレンブルク・フォアポンメルン音楽祭、ゲッティンゲン・ヘンデル音楽際、北ヘッセン文化の夏、メラーノ音楽週間、台湾国際合唱祭など、世界各地の音楽祭への出演も数多い。
「クアルトナル」のレパートリーは非常に幅広く、ルネサンス・マドリガルをはじめ、ロマン派作品、男声合唱宗教曲、現代音楽作品、そしてドイツ民謡から世界各地の民謡までをカバー。さらに、世界的作曲家・編曲者であるファン・ガルシア、クリストフ・ジェル、オリバー・ギース、トーマス・ヒューイット・ジョーンズ、グラハム・ラック、フィリップ・ローソン、パトリック・プレステル、カート・サンプソン、デイビッド・ティムらとのコラボレーションも行っている。また、イギリスの伝説的ア・カペラ男声ユニット「キングズ・シンガーズ」の薫陶を受ける。
13年、20~21世紀のイギリス音楽を収録したデビューアルバム「Another Way」(ソニー・クラシカル)をリリース。2017年リリースのセカンド・アルバム「Everytime A Capella」(ソニー・クラシカル)では、世界のポップスとフォークソングを収録し高評価を得た。

▲ ページのトップへ

「日経ホール」文化サポートシステム
本公演は、下記の会員企業の皆様にご支援をいただいております。
プラチナ会員 = オンワードホールディングス・CSP セントラル警備保障
ゴールド会員 = オービック・キッコーマン・日建設計・ファンケル(2019年8月1日現在)

イベント一覧に戻る

▲ ページのトップへ