コンサート・オペラ・舞台


第478回日経ミューズサロン
ソフィア・キプルスカヤ ハープ・リサイタル
~数々の国際コンクールを制しマリインスキー劇場の首席奏者に抜擢。大指揮者ゲルギエフが愛でるサンクトペテルブルクの琴姫、初のリサイタルツアー~

2018年11月27日(火) 午後6時30分開演
日経ホール

数々の国際コンクールで優勝して注目を集め、2011年にサンクトペテルブルク・マリインスキー歌劇場管弦楽団の首席ハープ奏者に就任。ハープが極めて大事な役割を果たすロシア音楽をレパートリーの中心とする同歌劇場のオーケストラにとって優れたハーピストを有することは極めて重要で、指揮者ヴァレリー・ゲルギエフが一目ぼれしての抜擢となった。2013年にはカーネギーホールでリサイタルデビューを果たすなど、ソリストとしても活躍しており、日本で初のリサイタルツアーに期待が高まる。

 

 

会期 2018年11月27日(火)
午後6時30分(午後6時開場)
会場 日経ホール
千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階
地図はこちら
入場料 一般 3,800円
子供 2,500円
(小学生以上、高校生以下)
税込・全指定席
※子供券は日経公演事務局のみで受付
主催 日本経済新聞社
協賛
チケット 5月9日(水)10:00AMから発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999
(音声認識予約・
Pコード:113-893)
e+(イープラス)  
Confetti
(カンフェティ)
0120-240-540
日経ショップ 03-6256-7682
<店頭販売のみ>
日経公演事務局 03-5281-8067
お問合せ 日経公演事務局
TEL:03-5281-8067
(平日10:00-18:00)
※チケットは全席指定・税込です。
※未就学児童のご入場はお断りします。
※やむを得ない事情により出演者・曲目などが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
出演 ソフィア・キプルスカヤ(ハープ)
詳細はこちら
プログラム スメタナ/モルダウ
マックスウェル/引き潮
ドビュッシー/アラベスク第1番、第2番
ツァーベル/噴水
グリンカ/ハープのためのノクターン
キクタ/チャイコフスキー 歌劇「スペードの女王」の主題による幻想曲
ほか

 

ソフィア・キプルスカヤ(ハープ)Sofia Kiprskaya

1991年ロシア生まれ。5歳でハープを学び始め、サンクトペテルブルクのリムスキー・コルサコフ音楽院にてアンナ・マカロヴァに師事する。プラハ音楽院やブリュッセル王立音楽院の名ハーピストでハープ界の女王とも呼ばれるヤナ・ボウシュコヴァーのもとでも研鑽を積んだ。若くして数々の国際コンクールに優勝・入賞を繰り返し、2003年フェリックス・ゲーデフロイドコンクールにて優勝、2005年リリー・ラスキーヌ国際準優勝、07年ドイツ・フランツ・ヨセフ・レイニル財団コンクール優勝並びに審査委員長賞、07年フランス・マルティーヌ・ジュリオコンクール優勝、08年モスクワ・ヴェラ・ドゥローヴァコンクール準優勝、09年サンクトペテルブルク・ゴールデン・ハープ国際コンクールにて優勝を果たす。これらの功績がサンクトペテルブルク・マリインスキー歌劇場音楽監督ヴァレリー・ゲルギエフの目に留まり、11年に同歌劇場管弦楽団の首席ハーピストに抜擢された。

▲ ページのトップへ

「日経ホール」文化サポートシステム
本公演は、下記の会員企業の皆様にご支援をいただいております。
プラチナ会員 = オンワードホールディングス・CSP セントラル警備保障
ゴールド会員 = オービック・キッコーマン・日建設計・ファンケル(2018年4月1日現在)

イベント一覧に戻る

▲ ページのトップへ