美術展


大手町座 第23回
由紀さおり・安田祥子 コンサート
〜童謡 100年〜

2018年 8月2日(木) 午後6時30分開演 日経ホール   完売しました
  8月3日(金) 午後2時開演 日経ホール   完売しました

1918年(大正7年)7月、芸術味あふれる子供の美しい空想が純な情緒を優しく育むような歌と曲を創ろうと雑誌「赤い鳥」が創刊されて、今年で100年を迎えます。多くの作家が子供のための詩を書き、多くの作曲家がそれに曲をつけ「童謡」という歌が生まれました。
美しい日本の言葉とそれにふさわしいメロディーを持つ童謡の数々を、由紀さおり・安田祥子から次の世代にバトンタッチするコンサートとしてお届けします。

 

会期 2018年8月2日(木)
 午後6時30分開演(午後6時開場) 完売しました
2018年8月3日(金)
 午後2時開演(午後1時30分開場) 完売しました
会場 日経ホール
千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階
地図はこちら
入場料 各日7,800円(全指定席、税込)
※3歳以上有料(3歳未満ひざ上鑑賞無料。座席が必要な場合は有料)
※小さなお子様をお連れの方は、他のお客様のご迷惑にならないようご配慮をお願いいたします。
主催 日本経済新聞社
協賛   
後援 ユニバーサルミュージック  
企画・制作 安田音楽事務所
フウパブリッシャーズ
ステージ
制作
オフィス名畑
制作協力 プロデュース・コーバ
お問い合わせ 日経公演事務局(楽戯舎内)
TEL:03-5281-8067
業務時間:4/14(土)および平日の
     午前10時〜午後6時
出演

由紀さおり
詳細はこちら

安田祥子
詳細はこちら

ゲスト
出演
ひばり児童合唱団
詳細はこちら
ピアノ 大杉光恵

 

由紀さおり・安田祥子

姉 安田祥子(さちこ)、妹 由紀さおりは子供のころひばり児童合唱団に所属し、童謡歌手として活躍。その後クラシック界、芸能界へとそれぞれの道へ。
「人を感動させる歌にはジャンルは関係ないでしょう。一緒に歌えないの?」という母の言葉に後押しされ、再び一緒のステージに立ったことがきっかけで、1986年より姉妹のコンサートをスタート。姉妹のコンサート活動は32年目を迎え、先人の残した日本の歌をこどもたちに手渡したいという思いで、活動を続けている。
童謡100周年記念 季節の童謡シリーズ第1弾として、「ベストアルバム『春のうた』 由紀さおり 安田祥子」(ユニバーサルミュージック)を2018年3月28年に発売。今後、『夏のうた』『秋のうた』『冬のうた』とそれぞれの季節ごとに発売予定。
由紀さおり・安田祥子 公式ホームページ http://www.yuki-yasuda.com/

▲ ページのトップへ

安田祥子(Sachiko Yasuda) 声楽家

東京芸術大学へ進み、クラシックの道へ。オペラ「フィガロの結婚」のスザンナ役で声楽家としてデビュー。モーツァルトからワーグナーまでの数々のオペラに出演。NYジュリアード音楽院、ロチェスター・イーストマン音楽院に学ぶ。東京芸術大学講師を18年勤めた後、コンサート活動に専心するため勇退。ヴォイストレーナーとしての功績も大きく、劇団四季などミュージカルで教え子が活躍。日本歌曲や童謡、唱歌からクラシックと幅広いジャンルを歌うコンサートは美しい日本語、表現の豊かさ、ステージのあたたかさに定評がある。講演会活動も行っている。公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンの評議員、草苑保育専門学校の特任講師、NPO「音楽で日本の笑顔を」の顧問を務める。2013年7月、童謡、唱歌などを通じ、日本語の美しさや日本人の心を広く伝えた活動が評価され、文部科学大臣表彰を受ける。

▲ ページのトップへ

由紀さおり(Saori Yuki) 歌手・女優

1969年「夜明けのスキャット」でデビュー。爆発的にヒットし、スキャットブームを巻き起こす。その後も「手紙」「恋文」などで数々の賞を受賞。女優としてもドラマ、映画へ出演。1983年に出演した映画「家族ゲーム」では、毎日映画コンクールの助演女優賞受賞。司会、ナレーションでも活躍。2011年秋アメリカのジャズオーケストラPink Martiniとのコラボレーションアルバム「1969」が世界50か国以上で発売、配信され、iTunes全米ジャズチャートで1位を獲得するなど世界的なヒットとなり、アメリカのみならずパリ、バーレーンなどで、Pink Martiniの公演にゲスト出演している。2012年、芸術選奨文部科学大臣賞など数々の賞を受賞。同年秋、紫綬褒章受章。2016年3月、日本放送協会放送文化賞受賞。

▲ ページのトップへ

ひばり児童合唱団

1943年、東京・荻窪で皆川和子により設立。
音楽を通じて豊かな情操を育て、思いやりのある心を持てるように、そして誰もが楽しく歌える合唱団をモットーとしている。
3歳から高校3年生までの歌の好きな子供なら誰でも入団でき、入団テストなどはない。
主な活動な年に一回の定期演奏会、小さなコンサートのほか様々なアーティストのコンサート、イベント出演やテレビ出演、CM・CDレコーディング等多岐にわたる。
現在の代表は創設者 皆川和子の甥にあたる皆川おさむ。
今年で創立76周年を迎えた。
ひばり児童合唱団 公式ホームページ http://hibari-children1943.com/

▲ ページのトップへ

「日経ホール」文化サポートシステム
本公演は、下記の会員企業の皆様にご支援をいただいております。
プラチナ会員 = オンワードホールディングス・CSP セントラル警備保障
ゴールド会員 = オービック・キッコーマン・日建設計・ファンケル(2018年3月1日現在)

イベント一覧に戻る

▲ ページのトップへ