コンサート・オペラ・舞台


第465回日経ミューズサロン
ロシア文化フェスティバルin JAPAN 2017
ロシアより愛の調べ、愛の詩
~ロシア最高峰マリインスキー劇場が繋いだソプラノ中村初惠と新進気鋭の同劇場ソリストたちによる夢の響演!~
出演=中村初惠(ソプラノ)、カルロス・ドノフリオ(テノール)、ミハイル・ガヴリロフ(バリトン)、エカテリーナ・ヴェンチコヴァ(ピアノ)

2017年10月5日(木) 午後6時30分開演 日経ホール

ロシア文化の源流、帝政ロシア時代の1783年に古都サンクトペテルブルクに創立され、今や世界を代表する歌劇場の一つであるマリインスキー劇場。指揮者ゲルギエフ率いる同劇場で研鑽を積み、演奏を重ねたソプラノ歌手中村初惠が橋渡しとなり、夢の響演がついに実現!マリインスキー劇場のソリストとして国際的に活躍する新進気鋭の歌手やピアニストを迎え、その魅力をあます事なく披露。品格の高い演奏と共に、ロシアオペラの情熱溢れる華やかな旋律、ロシア歌曲の優美な調べとその詩の素晴らしさは新鮮な感動を呼ぶであろう。芸術の秋を彩る華やかな響宴に期待が高まる。

 

会期 2017年10月5日(木)
午後6時30分(午後6時開場)
会場 日経ホール
千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階
地図はこちら
入場料 一般 3,800円
子供 2,500円
(小学生以上高校生以下)
税込・全指定席
※子供券は日経ミューズサロン事務局のみで受付
主催 日本経済新聞社
後援 駐日ロシア連邦大使館
ロシア連邦文化省
日本対外文化協会
協賛
チケット 5月10日(水)10:00AMから発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999
(音声認識予約・Pコード:330-321)
e+(イープラス)
Confetti(カンフェティ) 0120-240-540
日経ショップ 03-6256-7682
お問い合わせ・予約 日経ミューズサロン事務局
TEL:03-3943-7066 (平日10:00-18:00)
※チケットは全席指定・税込です。
※未就学児童のご入場はお断りします。
※やむを得ない事情により出演者・曲目などが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
出演 中村初惠(ソプラノ)
詳細はこちら

カルロス・ドノフリオ(テノール)
詳細はこちら

ミハイル・ガヴリロフ(バリトン)
詳細はこちら

エカテリーナ・ヴェンチコヴァ(ピアノ)
詳細はこちら
プログラム リムスキー=コルサコフ(A.K.トルストイ)/「雲雀の歌声は高らかに」作品43-1(Sop.)、「風ではない、高みから舞う風のように」作品43-2(Sop.)
リムスキー=コルサコフ(フェート)/
「香わしい君の華やかな花冠」作品43-3(Sop.)
チャイコフスキー(ゲーテ)/
「ただ憧れを知るもののみが」作品 6-6(Bar.)
チャイコフスキー(ハイネ)/
「なぜ?」作品60-9 (Bar.) 、「ドンファンのセレナーデ」作品 38-1(Ten.)
チャイコフスキー(アプーフチン)/
「こんなに早く忘れてしまうとは」(Ten.)
ラフマニノフ(ガリーナ)/
「ここは素晴らしい...」作品21-7(Sop.)
ラフマニノフ(プーシキン)/
「歌うな、美しい人よ、私の前で」作品14-9(Bar.)
ラフマニノフ(トュトチェフ)/
「春の水」 作品14-11 (Sop.)、 “どこへ去ったのか、青春の日々は”(Ten.)
チャイコフスキー/
歌劇「エフゲニー・オネーギン」よりレンスキーのアリア(Ten.)
リムスキー=コルサコフ/
歌劇「サトコ―」よりインド商人のアリア“インドの歌”(Ten.)、
歌劇「雪娘」より雪娘のアリア“女友達と野いちごを摘みに” (Sop.)
チャイコフスキー/
歌劇「王女イオランタ」より イオランタのアリア“なぜ私、知らなかったのかしら?” (Sop.)、
ロベルトのアリア“比べることなど出来まい!...” (Bar.)、
イオランタとヴォデモンのデュエット“私には貴方の沈黙がわからないのです...~光とは、いったい何かしら!”(Sop. & Ten.)

 

中村初惠(ソプラノ)Hatsue Nakamura

東京音楽大学声楽科卒業。藤原歌劇団オペラ研修所修了。ロシア国立マリインスキー劇場専属研修生のオーディションに合格。指揮者ゲルギエフの姉であるラリッサ・ゲルギエワ氏の弟子として劇場で3年近くにわたり、研鑽を積む。劇場のメンバーとして、若手の歌手によるコンサート、オペラに出演。マリインスキー劇場内での演奏多数。グリンカホール、エルミタージュ美術館内のホール等において演奏。フィンランド・ミッケリで開催のオペラフェスティバルに劇場の選抜メンバーとして連年出演。現在も、マリインスキー劇場との繋がりは深く、ロシアでのコンサートにも出演を重ねる。
東京室内歌劇場会員。「子どもの夢を叶える基金~ Dreams Alive Music ~ 」代表。「リムスキー=コルサコフ国際声楽コンクール」にて、入賞、および、リムスキー= コルサコフ特別賞を受賞、TVや新聞など大きく取り上げられた。「エレーナ・オブラスツォワ国際オペラコンクール」優秀歌唱賞、及びサンクトペテルブルグ市芸術財団より”我が町の音楽家”の賞を授与。「名演奏家コンクール」最優秀賞受賞(2位不在)。

▲ ページのトップへ

カルロス・ドノフリオ(テノール)Carlos Donofrio

ロシア・サンクトペテルブルク在住、ブエノスアイレス(アルゼンチン共和国)生まれでありながら、マリインスキー劇場の(永住権)ソリストとして活躍する数少ない歌手の一人。コロン芸術劇場の高等研究所で学んだ後、2006~2008年の間、彼はアルゼンチンの主要なオペラカンパニーのゲストソリストとして活躍。イタリアン・ベルカントをFaltsetti Nino Ricardo Yostのもとで学ぶ。さらなる研鑽のため、ウラジミール・アトラントフ、エレーナ・オブラスツォワ、アイリーン・ヴォガチェフ、ウラジミール・チェルノフのワークショップなどに参加。また、多くの声楽フェスティバルや著名な歌手セルゲイ・レイファーカス、ウラジミール・アトラントフ、エレーナ・オブラスツォワ、ウラジミール・チェルノフのマスタークラスに参加。2009年にマリインスキー劇場の専属アーティストとして所属。2015年1月、マリインスキー劇場の8人のソリストのうちの一人として、クリスチャン・コロノヴィスタの「裁判官」にてホセ・カレーラスと共演。2010年、ヴァレリー・ゲルギエフ指揮、フェルッチオ・フルラネット主演によるマスネット作のオペラ「ドン・キホーテ」(マリインスキー・レーベル)のレコーディングに、ロドリゲス役として参加。イースターフェスティバル「白夜のスター(Stars of the White Nights)」音楽祭(モスクワ)、ラリッサ・ゲルギエワによる音楽祭(ウラジカフカス)、コンセルヴァトリー・フェスティバル(サンクトペテルブルク)、“ロシア人民アーティスト(People‘s Artist of the USSR)”のイリーナ・ヴォガチェフによるロシアで最も権威のあるフェスティバル「3つの世紀による古典歌曲フェスティバル」に定期的に出演。定期的にサンクトペテルブルクのコンサート会場でのソロリサイタルをはじめ、アルゼンチン、ウルグアイ、米国、ロシア、イタリア、フィンランドでのコンサートに出演。今回初来日。

▲ ページのトップへ

ミハイル・ガヴリロフ(バリトン)Michail Gavrilov

マリインスキー劇場来日公演プロコフィエフ「3つのオレンジの恋」で、初来日!若きスターとしてメディアにも出演。サンクトペテルブルグ音楽院の指揮科(合唱指揮)を卒業の後、サンクトペテルブルグ大学芸術学部、イタリアモンテカルロ劇場において、研鑽を積む。その後、ロシア国立教育大学ヘルゼン音楽研究所を主席で卒業。ジュリアード音楽院(ニューヨーク)でのマスタークラス、ドイツにて、国際夏期オペラ歌手才能育成プログラムを修了。数々の国際コンクールで受賞し、ロシア国内のみならず海外からも高い評価を得る。「ヨーロッパの窓」国際コンクール優勝。セルゲイ・レイフェルクスオペラコンクール2位。「ロシア歌曲の春」国際コンクール3位。「ネヴァのスター」国際コンクール3位。ほか、受賞歴多数。マリインスキー劇場にて、数々のオペラにソリストとして出演。マリインスキー劇場のメンバーとして、日本、アメリカ、ドイツ、オーストリア、フィンランドなどのツアーに役付きのソリストとして参加。近年では、そのエンターテイナーぶりが買われ、メディア、オペラディレクターとしても活躍している。

▲ ページのトップへ

エカテリーナ・ヴェンチコヴァ(ピアノ)Ekaterina Venchikova

2004年より、マリインスキー劇場専属ピアニスト、並びにコレペティートゥアとして活躍。劇場で活躍するソリストの指導、共演を重ね、劇場の飛躍に大きく貢献してきた。また、世界各地でも活躍の場を広げ、ホセ・カレーラスら著名歌手との共演も多い。N.A.リムスキー=コルサコフ記念サンクトペテルブルク国立音楽院卒業。マリインスキー劇場におけるゲルギエフ指揮のオペラをはじめ、様々な指揮者によるオペラに携わり、様々なソリストと共に、リハーサルやコンサートで共演を果たす。国際的な才能教育のコンサートプログラムにおける音楽監督、および、コンサートピアニスト。ナショナル・オペラ・コンペティション(アルゼンチン)審査員「古典歌曲の三つの世紀」国際フェスティバル(ロシア)への招待アーティスト・伴奏。「Musica nas Montanhas国際フェスティバル」(ポコ・デ・カルダスブラジル)への招待アーティスト・伴奏。

▲ ページのトップへ

「日経ホール」文化サポートシステム
本公演は、下記の会員企業の皆様にご支援をいただいております。
プラチナ会員 = オンワードホールディングス・CSP セントラル警備保障
ゴールド会員 = オービック・キッコーマン・日建設計・ファンケル(2017年4月1日現在)

イベント一覧に戻る

▲ ページのトップへ