美術展


第445回日経ミューズサロン
シュパチェク・カルテット(チェコ・フィル・ストリング・カルテット)
オール・チェコ・プログラム
~「チェコ・フィル」気鋭のコンサートマスター「ヨゼフ・シュパチェクJr.」率いる弦楽四重奏団~
ヨゼフ・シュパチェクJr.(第1ヴァイオリン)+ミラン・ヴァヴジーネク(第2ヴァイオリン)+ヤン・シモン(ヴィオラ)+ヨゼフ・シュパチェクSr.(チェロ)

2016年2月29日(月) 午後6時30分開演 日経ホール

2008年カール・ニールセン国際音楽コンクール第3位、12年エリザベート王妃国際音楽コンクールのファイナリスト、11年史上最年少の弱冠24歳で、名門オーケストラ「チェコ・フィルハーモニー管弦楽団」のコンサートマスターに迎えられた俊英「ヨゼフ・シュパチェクJr.」率いる、同フィルの精鋭たちによる弦楽四重奏団が遂に東京デビュー。祖国の大作曲家達の名曲をそろえ、彼らの真価を世に問う渾身のオール・チェコ・プログラムは必聴!

 

会期 2016年2月29日(月)
午後6時30分(午後6時開場)
会場 日経ホール
千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階
地図はこちら
入場料 一般 3,800円
子供 2,500円
(小学生以上高校生以下)
税込・全指定席
※子供券は日経ミューズサロン事務局のみで受付
主催 日本経済新聞社
協賛
チケット 2015年8月21日(金)10:00AMから発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999
(音声認識予約・Pコード:272-240)
e+(イープラス)
Confetti(カンフェティ) 0120-240-540
日経ショップ 03-6256-7682
お問い合わせ・
予約
日経ミューズサロン事務局
TEL:03-3943-7066 (平日10:00-18:00)
※チケットは全席指定・税込です。
※未就学児童のご入場はお断りします。
※やむを得ない事情により出演者・曲目などが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
出演 シュパチェク・クァルテット
詳細はこちら

ヨゼフ・シュパチェクJr.
(第1ヴァイオリン)

詳細はこちら

ミラン・ヴァヴジーネク
(第2ヴァイオリン)

詳細はこちら

ヤン・シモン(ヴィオラ)
詳細はこちら

ヨゼフ・シュパチェクSr.(チェロ)
詳細はこちら
プログラム クロンマー/弦楽四重奏曲 変ホ長調 作品5-1
マルティヌー/
弦楽四重奏曲 第7番 H.314「室内協奏曲」
スーク/
古いコラール「聖ヴァーツラフ」による瞑想曲 作品35a
スメタナ/
弦楽四重奏曲 第1番 ホ短調「わが生涯より」

 

シュパチェク・カルテット Špaček Quartet

1992年、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の主要な団員たちによって結成され、「チェコ・フィル・ストリング・カルテット」の名称で、クラシックのみならずポピュラー音楽の人気作品までレパートリーに取り込みながら、各地のコンサートホールはもとより、学校、ホテルなど、その活躍の場は多岐にわたり、クラシック音楽の普及に熱心に取り組んでいる。2011年、ヴァイオリン奏者2名の定年によるチェコ・フィル退団を受けて、チェコ・フィルの気鋭のコンサートマスター「ヨゼフ・シュパチェクJr.」など優れた新メンバーが加わり演奏の精度と音楽性がさらに高まった。これを機に「シュパチェク・カルテット」として本格的なクラシック・プログラムにもより積極的に取り組むこととなった。16年、「チェコ・フィル・ストリング・カルテット」としては早くも8度目の来日、「シュパチェク・カルテット」としては15年横浜&名古屋公演についで2度目の日本公演となる。

▲ ページのトップへ

ヨゼフ・シュパチェクJr.(第1ヴァイオリン) Josef Špaček , Jr.

1986年チェコ生まれ。アメリカの名門カーティス音楽院を卒業後、ジュリアード音楽院で巨匠パールマンに師事。両音楽院の交響楽団のコンサートマスターとしても活躍し、カーネギーホールをはじめ全米各地の著名ホールで演奏した。ソリストとしてフィラデルフィア管弦楽団、カンザスシティー交響楽団、オークランド管弦楽団、チェコ・フィルなど各地の主要オーケストラと共演。アメリカ、ヨーロッパ、中国、日本など世界各地に招かれている。2008年カール・ニールセン国際音楽コンクールで第3位。12年エリザベート王妃国際音楽コンクールのファイナリスト。11年弱冠24歳でチェコ・フィルのコンサートマスターに就任。既に3タイトルのソロCDがあり、15年にはチェコ・フィルとの共演でヴァイオリン協奏曲集のCDがリリースされた。

▲ ページのトップへ

ミラン・ヴァヴジーネク(第2ヴァイオリン) Milan Vavřínek

1977年プラハ生まれ。プラハ音楽院でソロ・室内楽を学んだ後、スイスのシオンにてフランコ・グッリに師事する。プラハ音楽院在学中の96年にチェコ・フィルに第1ヴァイオリン奏者として入団。2003年にはNorbert弦楽四重奏団を創設し、また、チェコ・フィルハーモニー室内合奏団のメンバーとしてなど室内楽でも活躍している。

▲ ページのトップへ

ヤン・シモン(ヴィオラ) Jan Šimon

1962年プラハ生まれ。プラハ音楽院でヴァイオリンを学び83年卒業、その後91年まで音楽アカデミーでヴィオラを学ぶ。その間プラハ交響楽団およびプラハ放送交響楽団のメンバーとして活躍し、86年、チェコ・フィルに入団。チェコ・フィル八重奏団、チェコ・フィル六重奏団のメンバーとして、また古楽器アンサンブル、プロ・アルテ・アンティクア・プラハのリーダーとしても活躍している。

▲ ページのトップへ

ヨゼフ・シュパチェクSr.(チェロ) Josef Špaček , Sr.

1962年チェコ生まれ。プラハ音楽院およびブルノのヤナーチェク音楽アカデミーを卒業後、室内楽奏者として音楽活動を開始、90年にはワリンガー弦楽四重奏団のメンバーとしてエヴィアン国際室内楽コンクールで入賞を果たす。90年チェコ・フィルに入団、現在まで同楽団の首席代理を務めている。チェコ・フィル六重奏団、プロ・アルテ・アンティクア・プラハのメンバーとしても活躍している。

▲ ページのトップへ

「日経ホール」文化サポートシステム
本公演は、下記の会員企業の皆様にご支援をいただいております。
プラチナ会員 = オンワードホールディングス・CSP セントラル警備保障
ゴールド会員 = オービック・キッコーマン・日建設計・ファンケル(2015年8月1日現在)

イベント一覧に戻る

▲ ページのトップへ