第427回日経ミューズサロン
中西俊博(ヴァイオリン)&サワン・ジョシ(シタール)
ジャズ・クラシック&インド・ネパール音楽LIVE
~色彩豊かなヴァイオリンとアジアの神秘 シタールで紡ぐ音絵巻~

 

2014年8月29日(金) 午後6時30分開演 日経ホール

ヴァイオリンの魔術師中西俊博が、ネパールからのシタール奏者サワン・ジョシと奏でる弦の競演。ジャズ・クラシックを軸に多彩なヴァイオリンの音色で音楽ファンを魅了する中西俊博、ネパール古典音楽の第一人者サワン・ジョシ、この2人の出逢いから新たなワールドミュージックが生まれた。
中西俊博の華麗なアレンジによる、アジアの神秘が薫る時空を超えた音楽エンターテイメント!

会期 2014年8月29日(金)
午後6時30分(午後6時開場)
会場 日経ホール
千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階
地図はこちら
入場料 一般 3,500円
子供 2,500円
(小学生以上高校生以下)
税込・全指定席
※子供券は日経ミューズサロン事務局のみで受付
主催 日本経済新聞社
協賛
チケット 2014年5月23日(金)AM10:00から発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999
(音声認識予約・Pコード:231-038)
e+(イープラス)
Confetti(カンフェティ) 0120-240-540
日経ショップ 03-6256-7682
お問い合わせ・
予約
日経ミューズサロン事務局
TEL:03-3943-7066 (平日10:00-18:00)
※チケットは全席指定・税込です。
※未就学児童のご入場はお断りします。
※やむを得ない事情により出演者・曲目などが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
出演 中西俊博(ヴァイオリン)
詳細はこちら

サワン・ジョシ(シタール)
詳細はこちら

Keiko(ピアノ)
木村将之(ベース)
関根真理(パーカッション)
プログラム 【1部】中西俊博
ピアソラ/リベルタンゴ
ラヴェル/ハバネラ形式の小品
山田耕筰/赤とんぼ ほか

【2部】中西俊博&サワン・ジョシ
ポール・デスモンド/TAKE FIVE
レノン=マッカートニー/ノルウェーの森
サワン・ジョシ/Himalayan Wind(世界初演)
チック・コリア/スペイン ほか

1956年東京都生まれ。東京芸術大学卒業。
85年にリリースしたファーストデビューアルバム「不思議な国のバイオリン弾き」が10万枚を超す大ヒットを記録。以降、クラシック、ジャズ、ポップスなど多様なジャンルを表現するヴァイオリン奏者として音楽界の第一線で活躍。ジャズヴァイオリンの巨匠ステファン・グラッペリとの共演、フランク・シナトラ、ライザ・ミネリ、サミー・デービスJr、クインシー・ジョーンズ、のコンサートでソリストやコンサートマスターを務める等、国内外の様々なアーティストとの共演も多い。また、楽曲制作、編曲も多く手がけ、桑田佳祐、井上陽水、坂本龍一などのアルバム制作をはじめ、数多くのアーティストの楽曲制作、編曲を担当。映像の世界での活躍も著しく、手がけたテレビ番組やCM音楽は150曲を超え、ヨーロッパで権威ある「LONDON国際広告賞2000」にて、TVオリジナルミュージック部門のファイナリストを受賞するなど国際的に高く評価されている。さらに、舞台音楽にも才能を発揮し、「ア・ラ・カルト」(青山円形劇場/1989~)、東京国際芸術祭2004音楽劇「ファウスト」(世田谷パブリックシアター/04)等、数多くの舞台の音楽監督を担当。自身のコンサートも数多く開催しており、1998年より毎年青山円形劇場にて公演を行っている「Leapingbow」はオリジナリティと高いクオリティが評価され、毎年人気を博している。
現在は、大きなプロジェクトと平行しながら、リーダーを務める「Reel's Trip」「Cool Groovin'」「爆裂クインテット」など、自己のバンドの活動を精力的に行うと共に、ライブ活動も積極的に展開。ヴァイオリンの枠を超えた表現を追求し続けており、エレキバイオリンや多弦ヴァイオリン、エフェクターなども使いこなし、自ら楽器の制作を行っている。また、電気工具、レンガ、ボイスなども積極的にアンサンブルに取り入れ、全く即興のみの演奏も行っている。12年7月25日にFLMEより、中西俊博ベストアルバム「ゴールデン☆ベストNo.1, No.2」が発売。

▲ ページのトップへ

1977年ネパール、カトマンドゥに生まれる。14歳よりシタール演奏を学び、北インド古典音楽を習得。 
ハイスクール時代、シタールをフューチャーしたロックバンドを結成。98 年ネパール全国古典楽器コンクールにて第1位。ネパールにてライブ演奏、ラジオ出演などの活動はじまる。2000年留学生として来日。02年Ho-Hi-Yan国際音楽祭(台湾)、その後、アジア・アコースティック・フェスティバル(台湾)、国際民謡歌謡祭(台湾)、The Raising Sun Rock Festival(北海道)、Fuji Rock Festivalなど に出演し聴衆を魅了。03年インディーズより「Swotantra」リリース。04年東京藝術大学音楽研究科に入学し、10年博士課程修了。同大学にて、インド・ネパール音楽についての研究活動、シタールの奏法を指導する傍ら、古典音楽をベースに様々な音楽との融合を試みた演奏活動を行っている。

▲ ページのトップへ

「日経ホール」文化サポートシステム

本公演は、下記の会員企業の皆様にご支援をいただいております。
プラチナ会員 = オンワードホールディングス・CSP セントラル警備保障
ゴールド会員 = NTT都市開発・オービック・キッコーマン・日建設計・ファンケル・富士電機(2014年4月末日現在)

イベント一覧に戻る

▲ ページのトップへ