コンサート・オペラ・舞台


ミラノに生まれ、ヴェルディ音楽院とモスクワ音楽院で研鑽を積む。2011年ポッツォーリ国際ピアノコンクール(イタリア)第3位入賞、13年カントゥ国際ピアノコンクール(イタリア)、同年トップ・オブ・ザ・ワールド国際ピアノコンクール(ノルウェー)、16年ポゴレリッチ氏が名誉審査員長を務めた第1回マンハッタン国際音楽コンクールで優勝。14年ドゥシニキ国際ショパン・ピアノ音楽祭(ポーランド)、16年マイアミ国際ピアノフェスティバルなどで演奏。欧州各地の主要ホールにデビューし熱狂的支持を得ており、日本デビュー公演に期待が高まる。

詳細はこちら


2005年「声楽のオリンピック」と評されるドイツの世界オペラ歌唱コンクール「新しい声」でグランプリを受賞。以来、パリ・オペラ座、ガルニエ劇場、レンヌ歌劇場、マドリードの王立劇場、ブリュッセルの王立モネ劇場などヨーロッパの一流オペラハウスへ出演。パリ・オペラ座の副指揮者イニャキ・エンシーナ・オヨンが「完璧なテクニックと発声」と絶賛した若手ソプラノの逸材。

詳細はこちら


英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 2018年日本公演

  • 眠れる森の美女
    2018年 5月18日(金) 18:30開演
      5月19日(土) 14:00開演
      5月20日(日) 14:00開演

  • リーズの結婚
    2018年 5月25日(金) 19:00開演
      5月26日(土) 14:00開演
      5月27日(日) 14:00開演

    東京文化会館(上野)

「眠れる森の美女」 photo:Bill Cooper


「リーズの結婚」 photo:Roy Smiljanic


英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団は英国が誇る2大バレエ団のひとつ。ロイヤルの名を冠した姉妹カンパニーの英国ロイヤル・バレエ団とともに英国バレエ界を牽引してきた。3年ぶりの来日公演となる本公演は古典の継承者を自認するカンパニーの十八番「眠れる森の美女」と伝統の演劇的バレエが堪能できる「リーズの結婚」を上演する。世界的バレエダンサーであるアリーナ・コジョカルとマチアス・エイマンがゲスト出演し豪華で美しい舞台に華を添える。

詳細はこちら


魂をゆさぶるサウンドの迫力、心にしみる優しい響き、チェロの魅力が満載!プラハ音楽アカデミーで学んだ4人の凄腕たちによるユニークなチェロ四重奏団。好きな曲を自ら編曲するスタイルで、クラシックからジャズ、ポップス、映画音楽まで多彩なレパートリーを誇っている。クラシック音楽の殿堂はもとより、ストリート・ライブも敢行し、洒落たセンスとサービス精神で人気急上昇中。2016年初来日。17年には全20公演の中国ツアーを成功させるなど世界各地から出演オファーが殺到している。

詳細はこちら


第12回日経能楽鑑賞会

2018年 6月5日(火) 18:30開演
  6月7日(木) 18:30開演

国立能楽堂


写真左=能「大原御幸」よりシテ『建礼門院』梅若実(玄祥改め)ⓒ 吉越研
写真右=能「井筒」より後シテ『井筒の女の霊』浅見真州 ⓒ 森口ミツル

日本経済新聞社は、平成19年より、現代の能楽界を代表する能楽師による「日経能楽鑑賞会」を毎年開催しております。今年も昨年に引き続き、ともに観世流シテ方の浅見真州と梅若実(玄祥改め)という組み合わせで開催いたします。
今回の浅見真州シテによる「 井筒 いづつ 」、本年2月に四代として襲名した梅若実シテによる「 大原御幸 おはらごこう 」は、それぞれ『伊勢物語』、『平家物語』を典拠とし、前者は帰らぬ夫(在原業平)を待つ女の霊、後者は平家の滅亡を目の当たりにした徳子(建礼門院)が語るこの世の無常をそれぞれ描きます。
狂言は、これまで同様、野村萬、野村万作(ともに和泉流)が出演。萬が「 蚊相撲 かずもう 」、万作が「 貰聟 もらいむこ 」でシテを勤めます。
室町時代に生まれ、激動の時代を乗り越えてきた日本文化の精髄、能楽。確固たる技術と情趣豊かな表現力を持つ、まさに現代日本の最高峰の能楽師による名曲舞台「日経能楽鑑賞会」にご期待ください。

詳細はこちら


日中平和友好条約締結40周年記念
京劇「項羽と劉邦~覇王別姫」
湖北省京劇院日本公演

  • 東京公演
    2018年6月9日(土)~17日(日)
    東京芸術劇場プレイハウス
  • 名古屋公演
    2018年6月21日(木)
    日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
  • 大阪公演
    2018年6月22日(金) 
    NHK大阪ホール 

国士無双の韓信が入らば最弱の劉邦に勝機が見える
最強の覇王項羽が月夜に唸る――虞や虞や汝を如何せん
立ち回りの最高峰 湖北省京劇院が
日本公演限りの豪華キャストで臨む傑作

詳細はこちら


トリニティ・アイリッシュ・ダンス

  • 東京公演
    2018年 6月23日(土) 13:00開演
        17:30開演

    東急シアターオーブ(渋谷)
  • 横浜公演
    2018年 6月24日(日) 14:00開演
         

    神奈川県民ホール(横浜)

一糸乱れぬ怒涛のタップ、煌びやかな衣装、哀愁ただようアイリッシュ音楽。全編ほぼダンスで構成される極上のアイリッシュ・エンタテインメントが味わえるトリニティ・アイリッシュ・ダンスの来日公演を6月に東京と横浜で開催します。
トリニティはトム・ハンクスらハリウッドスターのプライベート・コーチとしても知られる著名なダンサー兼演出家のマーク・ハワードによって1990年に設立されました。彼はそれまで競技中心だったアイリッシュ・ダンスを舞台芸術に高め、後続の「リバーダンス」や「ロード・オブ・ザ・ダンス」などに大きな影響を与え、アイリッシュ・ダンス界を牽引してきました。
2年ぶり7回目となる本公演は2014年の世界チャンピオン、アリー・ダウティが女性初のプリンシパル・ダンサーとして出演するほか、マーク・ハワードの新作も披露します。

詳細はこちら


第2次世界大戦という激動の時代を生きたドイツの作曲家プフィッツナー、同じ時代を生きたクライスラー、日本でも人気のあるドヴォルザークや、R.シュトラウスなどの日本ではあまり知られていない隠れた名曲を、元ウィ-ン・フィルハーモニー管弦楽団&ウィ-ン国立歌劇場管弦楽団コンサートマスターのライナー・キュッヒルのヴァイオリンと加藤洋之のピアノによる美しい音色にのせて皆様にお届けします。

詳細はこちら


難関ミュンヘン国際音楽コンクールのほかUSA国際ハープコンクールなど主要な3つの国際コンクールを初めて制した天才ハ―ピストが再来日!2006年からパリ国立歌劇場管弦楽団首席ソロ奏者として活躍した後、15年からメトロポリタン歌劇場首席ハープ奏者に就任。今回「自然の饗宴〜組曲とバラードの調べ」と題して、ドビュッシーの「月の光」をはじめ、ハープの歴史を作ったルニエやアッセルマンなどの作品がならぶ、セイソンの魔法の手により奏でられるハープの魅力の世界。

詳細はこちら


三井住友海上プライマリー生命 Presents
ベルリンフィル12人のチェリストたち

  • 2018年 7月8日(日) 14:00開演
        18:00開演

    サントリーホール(東京・赤坂)

Photo:Uwe Arens

「ベルリンフィル12人のチェリストたち」は世界最高峰のオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のチェロ・セクションのメンバーで構成される贅沢な室内楽グループ。他に類を見ない編成、オリジナリティあふれる重厚な響きで世界の人々を魅了しています。カラヤンからアバドそしてラトルという時代の変遷の中にあって、世代交代を繰り返しながら更に磨きがかかり、光り輝き続けるスーパー・チェロ集団の2年ぶり15回目の単独来日公演が決定。彼らの集大成ともいえる昼・夜2公演です。

詳細はこちら


「ローマ歌劇場」2018年日本公演

  • ヴェルディ作曲
    「椿姫」
    指揮:ヤデル・ビニャミーニ
    演出:ソフィア・コッポラ
    2018年 9月9日(日) 15:00開演
      9月12日(水) 15:00開演
      9月15日(土) 15:00開演
      9月17日(月・祝) 15:00開演

    東京文化会館(上野)
  • プッチーニ作曲
    「マノン・レスコー」
    指揮:ドナート・レンツェッティ
    演出:キアラ・ムーティ
    2018年 9月16日(日) 15:00開演
      9月20日(木) 15:00開演
      9月22日(土) 15:00開演

    16日 神奈川県民ホール(横浜)
    20・22日 東京文化会館(上野)

「椿姫」Photo:Yasuko Kageyama / TOR


「マノン・レスコー」Photo:Silvia Lelli / TOR

オペラの本場、イタリアの首都の歌劇場として存在感を放つ「ローマ歌劇場」の4年ぶりとなる日本公演です。
本公演はイタリア・オペラを象徴する2人の作曲家の代表作を上演します。ヴェルディ作曲「椿姫」は映画監督ソフィア・コッポラがオペラ初演出した話題の舞台です。プッチーニ作曲「マノン・レスコー」は巨匠リッカルド・ムーティの愛娘、キアラ・ムーティによる演出版です。女性演出家が描く愛の物語にご期待ください。

*3月3日(土)10:00より2演目セット券(S~C席)
 3月31日(土)10:00より一斉発売開始(S~D席)
*それぞれNBS WEBチケットによる先行発売もございます。
 詳細は公式ホームページにてご確認ください。

詳細はこちら

▲ ページのトップへ