コンサート・オペラ・舞台


第13回日経能楽鑑賞会

2019年 6月6日(木) 18:00開演
  6月13日(木) 18:00開演

国立能楽堂


写真右=能「西行桜」より、シテ『老桜の精』浅見真州 ⓒ 前島写真店
写真左=能「遊行柳」より、後シテ『朽木の柳の精』梅若実 ⓒ 前島写真店

日本経済新聞社は、平成19年(2007年)より、現代の能楽界を代表する能楽師による「日経能楽鑑賞会」を毎年開催しております。今年も、ともに観世流シテ方の浅見真州師と梅若実師という組み合わせで開催いたします。
6月6日(木)は浅見真州シテによる世阿弥作「西行桜さいぎょうざくら」。静寂な春の夜に老桜の精が舞う幻想的な世界が展開されます。13日(木)は梅若実シテによる観世信光作「遊行柳ゆぎょうやなぎ」。朽ちてゆく我が身が念仏によって救われた老柳の精の喜びが見どころ。桜と柳の老木の精が閑雅に舞い、見る者を幽玄の世界に誘う西行ゆかりの傑作2曲です。
狂言はこれまで同様、野村萬師、野村万作師(ともに和泉流)が出演。萬師が13日に「萩大名」、万作師が6日に「伊文字」でシテを勤めます。
室町時代に生まれ、激動の時代を乗り越えてきた日本文化の精髄、能楽。確固たる技術と情趣豊かな表現力を持つ、まさに現代日本の最高峰の能楽師による名曲舞台にご期待ください。

詳細はこちら


中華人民共和国建国70周年記念
日中文化交流協定締結40周年記念

京劇西遊記2019~旅のはじまり
上海京劇院日本公演

  • 東京公演
    2019年6月11日(火)~16日(日)
    12日(水)13:30、15日(土)15:30
    の回は完売

    東京芸術劇場プレイハウス
  • 大阪公演
    2019年6月22日(土)完売
    NHK大阪ホール
  • 名古屋公演
    2019年6月23日(日)
    愛知県芸術劇場 大ホール

500年もの間、ずっと待っていた! 悟空と三蔵の出逢いを描く。
はるか西方、天竺への壮大な旅はこうしてはじまった!
上海派京劇「五百年后孫悟空」を厳慶谷流の孫悟空芝居に極めた京劇エンターテインメント

詳細はこちら


英国ロイヤル・バレエ団 2019年日本公演

  • 「ドン・キホーテ」全3幕
    2019年 6月21日(金) 18:30開演
      6月22日(土) 13:00開演
        18:00開演
      6月23日(日) 13:00開演
      6月25日(火) 18:30開演
      6月26日(水) 18:30開演

    東京文化会館(上野)
  • <ロイヤル・ガラ>
    2019年 6月29日(土) 14:00開演
      6月30日(日) 14:00開演

    神奈川県民ホール(横浜)

「ドン・キホーテ」 ©Photo ROH / Johan Persson

気品あるスタイルと演劇的伝統で世界的な人気を誇る英国ロイヤル・バレエ団の3年振りの来日公演を開催します。英国ロイヤル・バレエ団はロシアからもたらされた古典バレエを西欧でいち早く導入する一方、英国人振付家を育て"ロイヤル・スタイル"と呼ばれる気品ある様式、演劇的な物語バレエなど独自の伝統と魅力を育ててきました。
本公演はバレエきっての人気演目「ドン・キホーテ」とカンパニーが誇るプロダクションの見どころをちりばめた<ロイヤル・ガラ>の2本立てです。バレエ界を代表する旬のスターたちを揃えた華やかな舞台にご期待ください。

詳細はこちら

 


1866年に創設され世界三大音楽院の一つ、国立モスクワ音楽院の学生と大学院生と卒業生で構成され、現代ロシア三大合唱指揮者の筆頭に名前が挙がる巨匠ボリス・テヴリン(2012年7月没)によって1994年に創設され今年25周年を迎える。12年、14年、16年に愛弟子のアレクサンドル・ソロヴィヨフの指揮で来日し好評を博した。今回の日本公演では約35名が来日し、古典と現代、外国音楽の傑作を披露する。

詳細はこちら


響きあうアジア2019ガラコンサート

2019年7月1日(月)19:00開演
東京芸術劇場 コンサートホール

写真左=小林研一郎(指揮)
写真右=王立バンコク交響楽団 東京オペラシティ コンサートホール(2016年)

2014年から国際交流基金が実施する「ASEANオーケストラ支援事業」の集大成として、これまで支援してきたベトナム・タイ・フィリピン・インドネシア・ミャンマーの5か国8つのオーケストラから、選び抜かれた約80名の演奏家を招き、日本の演奏家を交え、6か国の多国籍オーケストラ「響きあうアジア2019交響楽団」を結成、一夜限りの特別コンサートを開催するものです。指揮者に「炎のマエストロ」小林研一郎氏を迎え、熱気溢れるアジアの響きをお届けします。

詳細はこちら


2014年ミュンヘン国際音楽コンクール最高位(第1位なしの第2位)と聴衆賞および特別賞を獲得し、16年エリザベート王妃国際コンクール第4位など、数々の国際コンクールを総なめにし、同世代のピアニストの中で傑出した存在として注目を浴びている韓国出身の若手ピアニスト。既にバイエルン放送交響楽団、サンクトペテルブルク交響楽団、韓国交響楽団などとも共演し、ラインガウ音楽祭、キッシンゲン音楽祭にも呼ばれるなど、活躍の場を拡げる彼の動向から目が離せない!

詳細はこちら


日本ジャズ・ヴォーカル大賞をはじめ、ジャズ・ディスク大賞、日本ゴールド・ディスク大賞、文化庁主催芸術祭レコード部門“優秀賞”など数々の受賞に輝く、日本が誇る天才ジャズ・ヴォーカリスト小林桂が、メジャーデビュー20周年を記念して名スタンダードの数々を披露。幅広い世代に愛される小粋なジャズにこだわる小林桂の優しさが詰まったスペシャルコンサート。

詳細はこちら


梅蘭芳来日100周年記念
日中文化交流協定締結40周年

史依弘プレミアム公演

2019年8月13日(火) 19:00開演
2019年8月14日(水) 17:00開演

梅蘭芳が描きたかった女性たちの悲喜こもごも――
優美にあらわす名品の二夜連続上演会
中国京劇界の第一人者 史依弘 シー・イーホン が満を持して披露する
珠玉の4演目すべてを主演!

詳細はこちら


ベルリン・フィルやNYフィル、ロンドン響など世界中の200以上のオーケストラ、アバド、ディヴィス、メータ、小澤征爾、ラトルら350人以上の指揮者と共演。2000 年、《平和のためのユネスコ・アーティスト》に選出。03 年スペイン国王より国家功労十字勲章を授与。「彼が創りだす非常に独特な音色は今ではほんの僅かなピアニストしか持っていない。それはとても稀有で、瞬時にそれと分かるものである」(サイモン・ラトル/指揮者)

詳細はこちら


「英国ロイヤル・オペラ」2019年日本公演

  • グノー作曲「ファウスト」
    指揮:アントニオ・パッパーノ
    演出:デイヴィッド・マクヴィカー
    2019年 9月12日(木) 18:30開演
      9月15日(日) 15:00開演
      9月18日(水) 15:00開演
    東京文化会館(上野)

    2019年 9月22日(日) 15:00開演
    神奈川県民ホール(横浜)
  • ヴェルディ作曲「オテロ」
    指揮:アントニオ・パッパーノ
    演出:キース・ウォーナー
    2019年 9月14日(土) 15:00開演
      9月16日(月・祝) 15:00開演
    神奈川県民ホール(横浜)

    2019年 9月21日(土) 16:30開演
      9月23日(月・祝) 16:30開演
    東京文化会館(上野)

「ファウスト」©ROH/Bill Cooper.2014


「オテロ」Photo:David Bebber / ROH

*チケット発売:
 2019年3月23日(土)10:00から2演目セット券(S~C席)
     4月13日(土)10:00より一般発売開始(S~D席)

*それぞれNBS WEBチケットによる先行発売、横浜公演を対象とした優待販売がございます。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

欧州を代表する歌劇場「英国ロイヤル・オペラ」の4年ぶりとなる来日公演を音楽監督アントニオ・パッパーノが率いて開催します。
本公演では物語性を重んじる英国らしくシェイクスピアとゲーテの作品を基にした「オテロ」と「ファウスト」を上演します。「オテロ」は緊張感に満ちた音楽で悲劇を描いたヴェルディ晩年の傑作。グノー作曲「ファウスト」は上演機会が少ないながら、名曲ぞろいのグランド・オペラの大作として人気の作品です。レパートリーの拡充に努め、オーケストラと合唱のレベルを飛躍的に向上させてきたパッパーノは、現代最高峰のオペラ指揮者のひとりと称されています。まさに勢いに乗る歌劇場の舞台にご期待ください。

詳細はこちら

 


大手町座 第25回
ザ・ニュースペーパー
~演じる新聞、観る新聞~

2019年9月 20日(金) 19:00開演
  21日(土) 13:00開演
    17:00開演

日経ホール

「平成」とともに歩み、新たな「令和」の時代へ。
“今を生きる社会風刺コント集団”ザ・ニュースペーパー。
テレビでおなじみの政治家などの形態模写を中心とした得意の政治ネタや社会ネタに、ビジネス街「大手町」にちなんで経済ネタも織り交ぜての抱腹絶倒の舞台。新聞、テレビで見るアノ人、コノ人・・日経ホールに7年連続で登場(?)

 

詳細はこちら



セミヨン・ビシュコフ指揮
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

2019年10月 22日(火・祝) 18:00開演(17:20開場)
  28日(月) 19:00開演(18:20開場)

サントリーホール


写真上 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 ©Vaclav Jirasek
同右下 セミヨン・ビシュコフ(音楽監督・首席指揮者)©Umberto Nicoletti
同左下 樫本大進(ヴァイオリン)©Keita Osada (Ossa Mondo A&D)

─ ビシュコフとともに新たな時代を築くチェコ至宝の響き!─ 
音楽大国チェコが世界に誇るチェコ・フィルハーモニー管弦楽団。1896年の創設後の初公演をドヴォルザークの指揮で開催、さらに1908年マーラーの交響曲第7番をマーラー自身の指揮で初演するなど、世界の音楽史に輝かしい足跡をのこしつづけている名門オーケストラです。ターリヒ、クーベリック、アンチェル、ノイマン、ビエロフラーヴェクといった名だたるチェコ人の名指揮者によって、チェコ・フィルにしか出せない芳醇なる響きを培ってきました。
2018年10月から、セミヨン・ビシュコフが音楽監督・首席指揮者に就任。伝統と革新が融合したチェコ・フィルの新たな黄金時代を歩んでいます。

今回は、10月22日にベルリンフィル第1コンサートマスターの樫本大進を迎え、現在プロジェクトが進行中のチャイコフスキーからヴァイオリン協奏曲と交響曲第6番「悲愴」を、28日にはチェコ・フィルが祖国への熱い思いをこめて、深い詩情で奏でるスメタナ「わが祖国」をお届けします。

 

公式サイトはこちら


21歳でミュンヘン・フィルの第一コンサートマスターに就任し、音楽監督セルジュ・チェリビダッケの薫陶を受けたことで知られる、ヴァイオリンの名手インゴルフ・トゥルバンが来日。88年に退団してソロ活動を開始以来、世界各国で演奏活動を行い、デュトワ、マゼール、メータ、メニューインらの巨匠との共演で一世を風靡した。前半にはタルティーニの悪魔のトリル、後半ではR.シュトラウスのソナタを配し、世界的に評価の高いパガニーニの小品も取り上げる。

詳細はこちら


数多くの国際コンクールに出場し35回の優勝を果たすなど圧倒的な実績を誇る《イトロ》。欧米各国で高い評価を集め、特にアメリカではその音楽の構築力の高さにより「全合唱団の歌唱様式を変えた」と絶賛を博している。「きよしこの夜」「ジングルベル」等のクリスマス名曲集に加え、これまでも感動を巻き起こした「新世界より」「モルダウ」などチェコの名曲の数々で聖夜を飾る。

詳細はこちら

▲ ページのトップへ