世界初!門外不出の仏教美術の名宝が、まもなく日本に!!金象

タイ

THAILAND 日タイ修好130周年記念特別展

THAILAND 日タイ修好130周年記念特別展

世界初! 門外不出の仏教美術の名宝が、 まもなく日本に!

リンク
menu

今年、日本にやってくるタイの至宝、ちらっとご紹介いたします。

法輪
砂岩 スパンブリー県ウートーン遺跡第11号仏塔跡出土 ドヴァーラヴァティー時代 7世紀   ウートーン国立博物館

仏陀の姿を象徴する見事な法輪です。

遠い昔、タイのチャオプラヤー川流域を中心に、ドヴァーラヴァティーという国が栄えていました。中国の史書には、7世紀の初めにこの国の使者が唐の都まで朝貢にやってきていたことが記されています。ドヴァーラヴァティーの人々は仏教を篤く信仰し、数多くの仏像、仏塔、そして法輪を造立しました。法輪は車輪が転がるように、仏陀の教えが広く伝わっていくことを意味しています。仏教が普及した世界では、それぞれの国で仏像や仏塔を祀りましたが、この国ほど法輪を数多くつくって信仰した国は他にありません。

ナーガ上の仏陀坐像
青銅、金 スラートターニー県チャイヤー郡ワット・ウィアン伝来 シュリーヴィジャヤ様式 12世紀末 - 13世紀 バンコク国立博物館

タイ南部からマレ―半島を版図としたシュリーヴィジャヤ国の重要な都市のひとつであるチャイヤーの中心寺院に安置されていた仏像です。悟りを得た仏陀が瞑想をする間、竜王ムチリンダが傘となり、仏陀を雨風から守ったという説話に基づいてつくられたものです。東南アジアでは、水と関係する蛇の神ナーガをとても大切にしており、このテーマの像もたいへん好まれました。仏陀の端正な顔立ちにもご注目ください。

仏陀を守るナーガ!

しなやかな指先にも注目!

仏陀遊行像
青銅 スコータイ県シーサッチャナーライ郡ワット・サワンカラーム伝来 スコータイ時代 14 - 15世紀 サワンウォーラナーヨック国立博物館

13世紀に成立したスコータイはタイ族の最初の王朝です。歴代の王はスリランカから伝わった上座仏教を篤く信仰し、当時のスリランカの都ポロンナルワに学僧を派遣するなど、仏教の興隆につとめました。
仏陀遊行像はスコータイで流行した仏像で、仏陀が説法に歩く姿とも言われています。そのしなやかで優美な姿にタイ人の美意識を見ることができます。

やさしくほほえんでいらっしゃいます。

優雅なあゆみ!

ラーマ2世王作の大扉
木製、金、彩色 バンコク郡ワット・スタット仏堂伝来 ラタナコーシン時代 19世紀 バンコク国立博物館

5メートルを超えるこの大きな扉は、1807年に創建されたワット・スタットという第一級王室寺院の正面を飾っていたものです。国王ラーマ2世(1809-1824)が自ら精緻な彫刻をほどこしており、王室とともに育まれたタイ文化を象徴するまさに第一級の国宝といえます。チーク材の扉の表側には、天界の雪山に住むとされるさまざまな動物たちが重層的に表わされています。この扉の完成後、ラーマ2世は他に同じような扉を作らせないように、使用した道具をすべてチャオプラヤー川に捨てさせた、という逸話が残っています。

5.6メートルの大扉!

鳥やねずみがいます。探してみてください。

毛づくろいをするサルもいます。

木にはムカデも潜んでいます。

タイ仏像大使が登場!タイ展CM
東京版
九州版
フィンランドデザイン展奈良 西大寺展興福寺の寺宝と畠中光享