美術展

コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流
2015年3月17日(火)→5月17日(日)
▶開催概要は、
 東京国立博物館ウェブサイト
「インドの仏とヨガ」開催!

特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」、イベント第2弾!

4月11日(土)と12日(日)の2日間にわたり、インド文化体験イベントとして、「インドの仏とヨガ」を開催しました。

会場は、本展を開催している東博・表慶館のエントランスホール。表慶館はドーム型の天井が美しい明治末期の洋風建築で、重要文化財に指定されています。上を向くポーズを取ると、ドーム(右写真)が目に入り、思わず見惚れてしまいました。

開館前の朝8時15分スタートという早い時間にもかかわらず、2日間で計37名の方が参加くださいました。インストラクターは、都内を中心にヨガを教えている渡辺美保先生です。
インド発祥の修行法である「ヨガ」を本物の仏像の前で体験する貴重な機会。作品や空間と一体化するような感覚を楽しんでいただけたのではと思います。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

記念講演会「インドの仏-古代初期から密教まで」を
開催しました。

特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」の担当研究員、東京国立博物館学芸企画部企画課長・小泉惠英氏による記念講演会を開催しました。本展の章立てにそって、時代や土地ごとに異なる仏像の表現や、仏教がその誕生の地に留まることなく、近隣諸国や日本へと伝わっていった様子を解説していただきました。(2015.4.11)

会場となった東博・平成館の大講堂は定員390名ですが、ひとつの空席もなく、文字通り満席となりました。参加された皆様、ありがとうございました。

「親子で体験!インド式計算」開催!

特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」では、インド文化を体験する楽しいイベントを開催!本日、その第一弾として「親子で体験!インド式計算」講座が開催されました。(2015.3.27)

午前、午後の部合わせて、合計20組42名が楽しくインド式計算を勉強しました。その1つの例は・・・

19×21

このかけ算を簡単に暗算でできるようにするには・・・?

<キリのよい数(20,30など)をはさんだ2つの数のかけ算>という考え方をします。この場合は、「20」。

20×20 -1×1 ここがポイントです!
これで答えが399と出るのです。
*詳しくは図1ご参照ください。

みなさんも 31×29や42×38など、試しに暗算してみてはいかがでしょうか?

本日は、1時間にわたり、インド式計算、暗算のふしぎをお茶の水女子大学付属中学校副校長 加々美勝久先生に楽しく解説していただきました。加々美先生のお話はとても分かりやすく、お子さんだけでなく、保護者の方も鉛筆を手にとって楽しく暗算にチャレンジされていました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!


図1

音声ガイドはインド仏像大使みうらじゅんさん、いとうせいこうさんが特別出演!
ナビゲーターは塩田真弓さん(テレビ東京アナウンサー)です!!

好評開催中の本展の音声ガイドには、インド仏像大使みうらじゅんさん、いとうせいこうさんが特別出演しています。また、しっとりとした声で会場を案内してくれるのは、テレビ東京アナウンサーの塩田真弓さん。会場で思わず吹き出してしまうおもしろ解説を、どうぞお聞き逃しなく!!

また、日経電子版では、みうらじゅんさん、いとうせいこうさんの会場訪問記を掲載していますので、是非ご覧ください。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO84531420Y5A310C1000000/

インド仏像大使 みうらじゅんさん、いとうせいこうさん
監修グッズがついに発表されました!

本展覧会をインド仏像大使として応援してくださっているみうらじゅんさん、いとうせいこうさんの監修グッズが、本日、インド大使館で発表されました。前売券とセット販売している「ロータス・ピローカバー」のほか、全4種の斬新な監修グッズを、展覧会開幕に先駆けてご紹介いたします。


グッズ発表会が行われたインド大使館にてグッズを身にまとい登場された
みうらじゅんさん(左)といとうせいこうさん(右)

「ロータス・ピローカバー」 1800円(税込)
蓮(はす)の花のデザインに、みうらじゅんさんのカエルのイラストが潜んでいるピローカバー。この枕で眠れば、煩悩(ぼんのう)が消えて涅槃(ねはん)の境地に近づけるかも?!
「インドの仏」LEDライト 光仏 680円(税込)
このライトで闇を照らすと、本展覧会随一の美仏・ガンダーラの「弥勒菩薩坐像」(みろくぼさつざぞう)が現れます。みうらじゅんさんが書いた台紙の文字「光仏」にも注目です!
「インドの仏」ブロックメモ 450円(税込)
みうらじゅんさんが描いた「弥勒菩薩坐像」のイラストと、おなじみのカエルのみうらさんといとうさんのコラボメモ帳です。中身は4種類です。
「インドの仏」Tシャツ 3500円(税込)
ヤシの葉に書かれたお経・貝葉経(ばいようきょう)2種と、本展の目玉作品グプタ朝の「仏立像」のTシャツです。タグにはお二人のブランド「見仏」マークも!背中には、みうらさん描き下ろしの展覧会タイトルが入っています。


仏像大使監修グッズ以外の展覧会オリジナルグッズも充実!

コルカタ・インド博物館の名品から生まれた商品の一部もご紹介いたします。
展覧会だけでなく、特設ショップでのお買い物もお楽しみに!

貝葉経(ばいようきょう)ばんそうこう 450円(税込)
貝葉経(ばいようきょう)は、ヤシの葉にお経を記したもので、インドで古くから用いられました。本展覧会にも20件以上の貝葉経が出品されます。今回、その出品作品の中から選ばれた5件が、オリジナルばんそうこうになります。貝葉経の中央に精緻に描かれた「インドの仏」たちが、あなたの傷を癒します。
「インドの仏」カレー 630円(税込)
前売券とのセット販売でも話題の「インドの仏」カレー。インドカレーで定番のおいしいバターチキンカレーです。是非ご賞味ください。
仏足石ペーパーウエイト(大) 2100円(税込)
釈迦(しゃか)の足跡は、仏像が作られる以前から釈迦の象徴物として崇拝されてきました。今回出品される仏足石がペーパーウエイトになります。バラバラになりそうな書類も、仏足石でしっかりおさえれば安心です。
「釈迦の生涯」キャンディー 550円(税込)
キャンディーのパッケージの裏側は、今回出品されるコルカタ・インド博物館の仏伝彫刻が双六(すごろく)になっています。誕生、出家、悟りなど、釈迦の生涯が楽しく学べるキャンディーです。(キャンディーはシナモン味です)
貝葉経一筆せん 480円(税込)
苦しむ人々を救済する観音菩薩(かんのんぼさつ)について説かれた貝葉経「大乗荘厳宝王経」(だいじょうしょうごんほうおうきょう)が一筆せんになりました。観音菩薩が地獄の釜で苦しむ人を助ける場面を描いた「観音の降臨」など、今回出品される「大乗荘厳宝王経」6件が全てデザインされています。これでお手紙を書けばありがたいメッセージになるかも!
「インドの仏」スタンプ 430円(税込)、シール435円(税込)
本展ポスターでも「イケメン」仏と話題のガンダーラの「弥勒菩薩坐像」や若々しいマトゥラーの「仏坐像」などが、かわいいスタンプとシールになりました。

このほか、美仏ぞろいのポストカードや各種サイズのクリアファイルなど、オリジナルグッズを多数ご用意しております!

「インドの仏」が生まれた神秘の国インドをめぐる冒険小説「インドクリスタル」

本展に出品されるインドの仏たちは、インド東部最大の都市コルカタ(旧カルカッタ)からやってきます。
そのコルカタをはじめとするインドを舞台にした冒険小説をご紹介します。


コルカタを流れるフーグリー川

直木賞作家・篠田節子さんの作家生活25周年記念作品である『インドクリスタル』は、鉱物をめぐるスリリングな駆け引きを描いたビジネス冒険小説です。
巨大国家インドの光と影に迫る超弩級エンターテインメントを、是非ご一読ください!

篠田節子さんのインタビュー&インドの仏展訪問記を、日経電子版などに掲載予定ですので、ご期待ください!

篠田節子著『インドクリスタル』
KADOKAWA刊
定価(税込): 2052円
発売中

 

特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」関連講座 日経アカデミア「インドの仏を学ぶ」(全3回、有料講座)を開講します!

特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」の開催を記念し、インドで生まれた仏教と、仏像の成り立ちからその広がりまで、インド仏教哲学、インド仏教美術の側面から俯瞰する講座を開講します。


ナーランダー大塔址

第1回は「インド仏教のはじまり ―仏教思想の誕生と仏教世界の出現―」
講師は、下田正弘氏(東京大学大学院教授)。古代インドの宗教思想がかかえる限界を
超えるべく出現した仏教の起源と、その思想の特徴を古代インド宗教と対比させつつ
概観します。

第2回は「インドの仏像の起源と変遷について」
講師は宮治昭氏(龍谷大学文学部教授)
1)最初期のストゥーパ(仏塔)信仰と仏陀の象徴的な表現
2)仏像の成立と外伝美術の隆盛
3)仏像の完成と密教美術の隆盛
思想、信仰の歴史とも関係付け、また日本の仏像との関係についてもお話します。

第3回は、トークショー「インドの仏―初期仏教と仏像の魅力―」
下田氏と宮治氏、「インドの仏展」を担当する東京国立博物館企画課長の
小泉惠英氏にも参加していただきトークショーを開催します。

インド哲学の下田氏、仏教美術の宮治氏の両巨頭に加え、博物館の企画はもちろんインド
美術研究者としても名高い小泉氏の三者が集うトークショーはなかなか見ることの出来ない貴重な機会です!

開催日:2015年4月7日、14日、28日(いずれも火曜日)
時 間:18:45~20:45(開場18:15)
会 場:日本経済新聞社 東京本社2F SPACE NIO
    http://www.nikkeinio.com/access.html
受講料:16,200円(税込み、「インドの仏」展観覧チケット1枚付き)

>お申し込みはこちら>> http://academia.nikkei.co.jp/course/150407.html
インド仏像大使みうらじゅんさん、いとうせいこうさん登場の特別番組放送日決定!

インド仏像大使みうらじゅんさん、いとうせいこうさんも出演するBSジャパン特別番組「インドの仏 2500年に謎に迫る〜シルクロードで生まれた仏像文化(仮)」の放送日が決定いたしました。

放送日:3月15日(日) 
放送時間:21:00 ~ 22:55(予定)
番組タイトル:「インドの仏 2500年に謎に迫る~シルクロードで生まれた仏像文化(仮)」
BSジャパンで放送

東京国立博物館での開催に先立ち、上海博物館で開催された本展覧会を、芸能界きっての仏像好き・みうらじゅんさん、いとうせいこうさんが一足先に見学。お二人独自の視点でインドの仏像を語ります。

また、釈迦が悟りを開いたボードガヤー、初説法を行ったサールナートなどの仏跡の現地取材も敢行。「インドの仏」展が数倍面白くなる特別番組ですので、皆様お見逃しなく!!


写真:ブッダが初めて説法をしたサールナート

インド仏像大使出演のテレビCMも、BSジャパン他テレビ東京系列で放送中です!

仏教美術の源流を訪ねてインドへ!!

本展覧会の開幕まで、あと2ヶ月。いよいよ「インドの仏」たちが日本にやってきます!
仏教は、紀元前5世紀頃に北インドで誕生し、6世紀に日本に伝来するまで千年もの時を重ねました。しかし、飛行機のある今日、日本からインドへの旅はぐっと近くなりました。
仏教美術の源流を訪ねて、エア インディアでインドの旅はいかがですか?

エア インディアは今年の5月に日本就航60周年を迎える、インドの国営航空会社です。
現在は、成田・関空から最新鋭のボーイング787型機にてデリーへ運航しています。
エグゼクティブクラスはお休み時にフルフラットのベッド型シートにて、ゆっくりお休みいただけます。
インドのハブ空港デリーからインド国内52都市への乗り継ぎも、エア インディアならでは。同じターミナルからスムーズな乗り継ぎが可能です。
インド国内都市へはデリーからの追加料金なし、またはほんの僅かな追加料金にてご利用いただけます。
機内に足を踏み入れた瞬間から、インドを感じていただけるエア インディアにて、快適なご旅行をお楽しみください。

このエア インディアで仏教誕生の地インドを取材した特別番組が、BSジャパンで3月上旬に放映されます。インド仏像大使みうらじゅんさん、いとうせいこうさんも登場しますので、どうぞお楽しみに!

1月17日(土)から、前売券発売開始!
インド仏像大使みうらじゅんさん、いとうせいこうさん監修
グッズ付チケットも発売!

本展の前売券が、1月17日(土)から、いよいよ発売されます!
一般1,200円、大学生800円、高校生600円で、当日券よりも200円お得ですので、
お近くのコンビニ、プレイガイドまたは東京国立博物館正門チケット売場でお買い求めください。前売券は3月16日(月)までの販売となります。

チケット取り扱い:東京国立博物館正門チケット売場(窓口、開館日のみ、閉館の30分前まで)、チケットぴあ[Pコード766-550]、ローソンチケット[Lコード35680]、セブン-イレブン[セブンコード035-057]、イープラス、JTB、ファミリーマートほか主要プレイガイド

また、本展オリジナルグッズ引換券付チケットも発売!!

インド仏像大使 みうらじゅんさん、いとうせいこうさん監修
ロータス・ピローカバー引換券付前売券

3,000円(税込) イープラスで販売

ロータス・ピローカバーインド仏像大使みうらじゅんさん、いとうせいこうさん監修のロータス・ピローカバー[本展会場販売価格1,800円(税込)]引換券と前売券(一般1,200円)がセットになったチケットです。蓮(はす)の花のデザインに、みうらじゅんさんのカエルのイラストが潜んでいるピローカバー。この枕で眠れば、煩悩(ぼんのう)が消えて涅槃(ねはん)の境地に近づけるかも?!

 

「インドの仏」カレー引換券付前売券
1,800円(税込) 
チケットぴあ、ローソンチケット、セブンイレブン、イープラスで販売

「インドの仏」カレー「インドの仏」カレー[本展会場販売価格630円(税込)]と前売券(一般1,200円)がセットになったチケットです。おいしいインドカレーをお土産にいかがですか?

「インドの仏展」イベント情報

インド文化を体験してみませんか?「インドの仏」展ならではのイベントをお楽しみください。事前申込制(応募多数の場合は抽選)となりますので、みなさまのご応募お待ちしています。
申込方法はコチラ

①記念講演会「インドの仏-古代初期から密教まで」
本展覧会開催を記念し、担当研究員より、仏教生誕の地インドで千年を超えて展開した仏教美術について、みどころや歴史などを解説いたします。

講師:小泉惠英(東京国立博物館学芸企画部企画課長)
日程 2015年4月11日(土)午後1時30分~3時(午後1時開場)
会場 東京国立博物館 平成館大講堂
定員 380名


②「親子で体験!インド式計算」講座
魔法のトレーニングと呼ばれる「インド式計算」を親子で体験できる楽しい講座です。計算についての見方が広がり、学ぶことの楽しさを実感できる「暗算の工夫」を春休みに学んでみませんか?

講師 加々美勝久氏(お茶の水女子大学付属中学校副校長)
日程 2015年3月27日(金) 午前の部:午前10時~11時、午後の部:午後2時~3時(各30分前開場)
会場 東京国立博物館 本館地下 みどりのライオン(教育普及スペース)
定員 各回10組
対象 小学校4~6年生(保護者同伴)


③「インドの仏とヨガ」
古代インド発祥の修行法でもある「ヨガ」。明治末期の代表的な洋風建築で、重要文化財でもある東京国立博物館 表慶館内にてヨガ体験ができる貴重な機会です。

日程 2015年4月11日(土)、12日(日)各日とも午前8時15分~9時15分(午前7時45分開場)
会場 東京国立博物館 表慶館 エントランスホール
定員 各回20名


<申込方法>
参加無料(ただし本展覧会の観覧券が必要。半券でも可。半券の場合は別途入館料が必要。)

往復はがきの「往信用裏面」に郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号、希望するイベントの番号(①②③)、②は午前か午後の希望時間、③は希望日を、「返信用表面」に郵便番号・住所・氏名を明記の上、下記までお申し込みください。
*①③は1枚のはがきで最大2名の申込可。2名の場合は、それぞれの氏名を必ず明記。②は参加児童の氏名と学年、保護者の氏名を明記。
申込先:〒150-8551 東京都渋谷区渋谷1-3-9東海堂渋谷ビル3F
ユース・プラニングセンター内「インドの仏」(希望する関連イベントの番号①~③のいずれか)係
申込締切:①2月23日(月)、②2月16日(月)、③2月20日(金)必着
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京国立博物館ウェブサイト(http://www.tnm.jp/

 

プレス発表会が開催されました!

11月7日(金)、東京・九段下のインド大使館で、本展のプレス発表会が開催されました。
駐日インド大使ディーパ・ゴパラン・ワドワ閣下や東京国立博物館 銭谷眞美館長が出席し、本展のみどころが紹介されました。
本展には、コルカタ・インド博物館の至宝・バールフットの浮彫彫刻や、ギリシャ・ローマの影響が色濃いガンダーラの仏像、インド文化の黄金時代グプタ朝の傑作・仏立像など、仏教が生まれた地・インドの仏教美術の名品約90点が来日します。

そして、『見仏記』でおなじみのみうらじゅんさん、いとうせいこうさんが、インド仏像大使に就任し、インド大使ワドワ閣下から木彫りの仏像を授与されました。初転法輪の地サールナートや涅槃の地クシナガラなど、インドの仏跡を旅したこともあるお二人から、本展の魅力を広めていただきます。インド仏像大使監修グッズの情報も、今後本ページでご案内しますので、どうぞご期待ください。

▲ ページのトップへ