美術展


特別展「宗像・沖ノ島と大和朝廷」

2017年1月1日(日)〜 3月5日(日) 九州国立博物館

世界文化遺産の国内候補となった宗像・沖ノ島。沖ノ島で発掘された出土品と、日本最古の歴史書である「古事記」・「日本書紀」に記された神話を交差させながら、大和朝廷を基盤に成立する「神宿る島」宗像・沖ノ島の源に迫る特別展。

公式サイトはこちら


フィンランド独立100周年記念
フィンランド・デザイン展

2017年1月14日(土)〜 3月20日(月・祝) 福岡市博物館
2017年4月7日(金)〜 5月28日(日)〈予定〉 愛知県美術館
2017年7月22日(土)〜 9月3日(日)〈予定〉 福井市美術館
2017年9月9日(土)〜 10月22日(土)〈予定〉 府中市美術館
2017年10月28日(土)~12月24日(日)〈予定〉 宮城県美術館

環境問題や、人と自然との共存が重視される現代において、デザインを構成する要素としても大きく求められている"サスティナブル・デザイン"や "タイムレス・デザイン"という概念。その意識を世界中が持つよりも先に、森と湖の国フィンランドでは、デザインに対しての意識改革を20世紀初頭から実践していました。
本展ではフィンランドの豊かな森や自然を背景にした創造性を学ぶとともに、自然と人間の調和から生み出されたフィンランド・デザインの過去、現在、そして未来を紹介します。

公式サイトはこちら


日タイ修好130周年記念
特別展「タイ 〜仏の国の輝き〜」

2017年4月11日(火)〜 6月4日(日) 九州国立博物館
2017年7月4日(火)〜 8月27日(日) 東京国立博物館

タイは国民の95%が仏教を篤く信仰する仏教国です。仏教は、ひとびとの日々の暮らしに寄り添い、長い歴史の中で多様な仏教文化が花開きました。
本展覧会は、タイ王国門外不出の名宝と、選りすぐりの仏教美術の数々を一堂に集め、仏教がタイの文化形成に果たした役割をひもといていきます。日タイ修好130周年の節目に、両国が協力し総力を結集して開催します。

公式サイトはこちら

 

創建1250年記念
奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝

2017年4月15日(土)~ 6月11日(日) 三井記念美術館
2017年7月29日(土)~ 9月24日(日) あべのハルカス美術館
2017年10月20日(金)~ 12月10日(日) 山口県立美術館

西大寺は、奈良時代に創建された官大寺を総称する「南都七大寺」の一つに数えられ、2015年に創建1250年を迎えました。奈良時代、聖武天皇・光明皇后の後を継いだ娘帝の称徳天皇が「鎮護国家」の思いを込めて開創し、東大寺などと並び称される寺格を誇りました。
本展では、西大寺をはじめ一門の各寺院に伝わる超一級の彫刻・絵画・工芸品など優れた仏教美術を紹介します。西大寺と一門の名宝がまとめて公開されるのは、1990~91年の「西大寺展」(奈良・東京を巡回)以来、四半世紀ぶりのことになります。

公式サイトはこちら

生誕八〇〇年記念 特別展
忍性菩薩 関東興律七五〇年
2016年12月18日(日)まで
神奈川県立金沢文庫
>> 詳しくはこちらから
チラシ
東山魁夷「習作 東京十二景」
―彌生会とその時代―
2016年12月10日(土)〜 2017年1月29日(日)
市川市東山魁夷記念館
>> 詳しくはこちらから
チラシ
天理大学創立90周年記念特別展
ギリシア考古学の父 シュリーマン
2016年12月17日(土)〜 2017年1月29日(日)
名古屋市博物館
>> 詳しくはこちらから
チラシ
茶碗の中の宇宙 
樂家一子相伝の芸術
2016年12月17日(土)〜 2017年2月
12日(日) 京都国立近代美術館
その後、東京国立近代美術館に巡回
>> 詳しくはこちらから
チラシ

▲ ページのトップへ