美術展


オルセー美術館特別企画
ピエール・ボナール展

2018年9月26日(水)~ 12月17日(月)国立新美術館

ピエール・ボナール(1867-1947年)は、19世紀末から20世紀前半にかけてフランスで活躍した画家です。世紀末のパリでナビ派の一員となったボナールは、浮世絵の影響のもと、躍動的かつ装飾的な作品を生み出し「日本かぶれのナビ」の異名を取りました。キュビスムやシュルレアリスムといった新しい芸術が次々と誕生した時代にあって、身近な主題を描き続けたボナールは、目にした光景の鮮烈な印象を絵画化するための「視神経の冒険」に身を投じました。
本国フランスでは近年ナビ派の画家たちへの評価が高まり、2015年にオルセー美術館で開催されたピエール・ボナール展では51万人が魅了され、2014年のゴッホ展に次ぐ歴代企画展入場者数の第2位を記録しました。 本展覧会は、オルセー美術館の豊富なコレクションを中心に、国内外のコレクションのご協力を仰ぎ構成されるボナールの大規模な回顧展です。

公式サイトはこちら


生誕110年 東山魁夷展

2018年10月24日(水)~ 12月3日(月)国立新美術館(東京・六本木)

東山魁夷は、清澄で深い情感をたたえた風景画により、戦後の日本画の世界に大きな足跡を残しました。自然と真摯に向き合い、思索を重ねながらつくりあげたその芸術世界は、日本人の自然観や心情までも反映した普遍性を有するものとして評価されています。
明治41年(1908)、横浜に生まれた東山魁夷は、東京美術学校を卒業し、ドイツ留学の後、太平洋戦争への応召、肉親の相次ぐ死といった試練に見舞われますが、そうした苦難のなか風景の美しさに開眼し、戦後はおもに日展を舞台に「残照」や「道」といった風景画の名作を数多く発表しました。
本展は生誕110年を記念し、戦後の日本を代表する国民的画家と謳われた東山魁夷の画業を代表作でたどるとともに、東山芸術の記念碑的大作「唐招提寺御影堂障壁画」が特別出品されます。

公式サイトはこちら


明治150年記念
日本を変えた千の技術博

2018年10月30日(火)~ 2019年3月3日(日)国立科学博物館

明治150年を記念して開催する「日本を変えた千の技術博」は、日本の科学史上に輝く発明発見から、日本を変えた素晴らしい技術の成果とエピソードまでを集める科学展覧会です。
発動機や自動車、船舶、航空機、土木建築や生命科学の成果、通信機、家電、計算機など、明治、大正、昭和、平成に至る各時代の科学技術の貴重な遺産を多数集め展示します。

公式サイトはこちら


生誕一〇〇年 いわさきちひろ、絵描きです。

2018年11月16日(金)~ 12月25日(火)美術館「えき」KYOTO(京都駅)
2019年4月20日(土)~ 5月26日(日)福岡アジア美術館

2018年、いわさきちひろ(1918-74)は生誕100年を迎えます。にじむ色彩で描かれた子どもたち、花々、そして大きく空けられた余白。絵本、挿絵、カレンダーなど、さまざまなメディアを通じてその絵は生活の隅々にまで浸透し、没後40年を超えてなお膨らみ続ける人気は今や世界に広がりつつあります。
一方で、その作品に関しては、「子ども、花、平和」などのモティーフ、あるいは「かわいい、やさしい、やわらかい」といった印象ばかりが注目されやすいようです。「いわさきちひろ、絵描きです。」――のちの伴侶と出会った際に自己紹介したちひろの言葉をタイトルに掲げる本展は、「絵描き」としてのちひろの技術や作品の背景を振り返る展覧会です。ちひろはどのような文化的座標に位置し、どのような技術を作品に凝らしたのか。新出の資料も交えた約200点の展示品を通じて作品の細部に迫り、童画家としてのちひろイメージの刷新を試みます。

公式サイトはこちら


「サンタフェ リー・ダークスコレクション
浮世絵最強列伝~江戸の名品勢ぞろい~」展

2019年1月9日(水)〜 1月21日(月)日本橋髙島屋
2019年2月23日(土)〜 3月11日(月)大阪髙島屋


葛飾北斎 「風流なくてなゝくせ」 遠目鏡
享和年間(1801~04) 大判錦絵

米国サンタフェ在住のリー・ダークス氏は、空軍士官として日本に駐留したのを契機に日本文化に関心を持ち、浮世絵版画の名品を蒐集してきました。本展覧会では、浮世絵の祖・菱川師宣、美人画の喜多川歌麿、役者絵の東洲斎写楽、そして葛飾北斎や歌川広重など代表的な浮世絵師の優品のみを集めたダークス氏のコレクションを、全国5会場で初公開します。

公式サイトはこちら


新・北斎展 HOKUSAI UPDATED

2019年1月17日(木)~ 3月24日(日)森アーツセンターギャラリー

本展では、北斎の最初期、勝川派の絵師として活動した春朗期(20〜35歳頃)、勝川派を離れて浮世絵画派とは一線を画した作画活動を行った宗理期(36〜44歳頃)、読本の挿絵に傾注した葛飾北斎期(46〜50歳頃)、多彩な絵手本を手掛けた戴斗期(51〜60歳頃)、錦絵の揃物を多く制作した為一期(61〜74歳頃)、自由な発想と表現による肉筆画に専念した画狂老人卍期(75〜90歳頃)と、その壮大な画業を通覧。国内外の名品、近年発見された作品、初公開作品を通じて、真の北斎に迫ります。

公式サイトはこちら


京都・醍醐寺展
真言密教の宇宙

2019年1月29日(火)〜 3月24日(日)九州国立博物館


重要文化財 《如意輪観音坐像》 一軀
平安時代 10世紀 醍醐寺蔵

京都の山科にある醍醐寺は、真言密教のうち、特に加持祈祷や修法などの実践を重視する寺として発展しました。本展は国宝・重要文化財の 仏像や仏画を中心に、貴重な史料・書跡を通じて、平安時代から近世にいたる醍醐寺の変遷をたどるものです。密教の世界観を表す重厚な密教美術のほか、豊臣秀吉が行った「醍醐の花見」の関連作品や、俵屋宗達による屏風など、華やかな近世美術も鑑賞できる貴重な機会となります。

公式サイトはこちら


奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

2019年2月9日(土)~ 4月7日(日)東京都美術館

本展は、1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づく、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版です。岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の代表作を一堂に会し、重要文化財を多数含む展示を予定しています。豊かな想像力、奇想天外な発想にみちた江戸絵画の魅力を紹介。現代の目を通した新しい「奇想の系譜」を発信します。

公式サイトはこちら


「横山華山」展

2019年4月20日(土)〜 6月23日(日)宮城県美術館
2019年7月2日(火)〜 8月17日(土)京都文化博物館


横山華山《寒山拾得図》ボストン美術館蔵
William Sturgis Bigelow Collection
Photograph © Museum of Fine Arts,Boston

横山華山(1781/4〜1837)は、江戸時代後期の京都で活躍した絵師です。諸画派に属さず、画壇の潮流に左右されない自由な画風と筆遣いで人気を博しました。曾我蕭白に傾倒し、岸駒に入門した後、呉春に私淑して絵の幅を広げた華山は、多くの流派の画法を身につけ、作品の画題に合わせて自由自在に筆を操りました。江戸の絵師たちにも大きな影響を与え、その名声は当時日本中に広がっていました。また、海外の研究者やコレクターからも評価され、欧米の美術館に優品が所蔵されています。
本展は、華山の多彩な画業を系統立てて紹介する初めての回顧展です。曾我蕭白や弟子たちの作品も含め会期中あわせて約100点の展示で、かつて有名であったにも関わらず、忘れ去られてしまった画家の全貌を掘り起こし、その魅力に光を当てます。ボストン美術館や大英博物館など海外に渡った作品も里帰りします。

公式サイトはこちら

駒井哲郎ー煌めく紙上の宇宙
2018年10月13日(土)〜 12月16日(日)
横浜美術館
>> 詳しくはこちらから
チラシ
東西数寄者の審美眼―阪急・小林一三と東急・五島慶太のコレクション―
2018年10月20日(土)〜 12月9日(日)
五島美術館
>> 詳しくはこちらから
チラシ
国立トレチャコフ美術館所蔵
ロマンティック・ロシア
2018年11月23日(金・祝)〜 2019年1月27日(日) Bunkamuraザ・ミュージアム
>> 詳しくはこちらから
チラシ
「画僧 月僊」展
2018年12月15日(土)〜 2019年1月27日(日) 名古屋市博物館
>> 詳しくはこちらから
チラシ

▲ ページのトップへ