• 美術展

    片岡球子展

    生誕110年 片岡球子展

    2015年6月12日(金)〜 7月26日(日) 愛知県美術館

    本展では、代表作によって日本画家・片岡球子(1905-2008)の画業をたどるとともに、遺されたスケッチ、資料類もあわせて展示します。作家がどのように眼の前の世界と向き合い、どのようにその世界をとらえたかを示すことで、作家の芸術の本質に迫るとともに、その今日的意味を探ります。

  • 美術展

    フィンランドを生きた女性画家の軌跡 ヘレン・シャルフベック −魂のまなざし

    フィンランドを生きた女性画家の軌跡
    ヘレン・シャルフベック −魂のまなざし

    2015年6月2日(火)〜 7月26日(日) 東京藝術大学大学美術館 他

    フィンランドを代表する画家ヘレン・シャルフベック(1862−1946)の日本で初めての大規模個展。19世紀末から20世紀初めに活躍したフィンランド女性画家の魂の軌跡を日本で初めてご覧いただきます。

  • コンサート・オペラ・舞台

    英国ロイヤル・オペラ

    「マクベス」全4幕
    2015年9月12日(土)、15日(火)、18日(金)、21日(月・祝)
    東京文化会館(上野)
    「ドン・ジョヴァンニ」全2幕
    2015年9月13日(日)、17日(木)、20日(日)
    NHKホール(渋谷)

    「英国ロイヤル・オペラ」の5年ぶりの来日公演を9月12日から東京で開催します。オペラ指揮者として高い評価を得ている音楽監督、アントニオ・パッパーノ指揮によるヴェルディ作曲「マクベス」とモーツァルト作曲「ドン・ジョヴァンニ」の2演目を上演します。
    『ドン・ジョヴァンニ』騎士長役決定、『マクベス』マクダフ役変更のお知らせ

肉筆浮世絵 日経日本画大賞展 ヘレン・シャルフベック
  • メールマガジン登録募集中!
  • 無料のスマホ用アプリで展覧会場をGET!!
  • 美術カタログ ONLINE SHOP
  • 美術展

    ドラッカー・コレクション
    珠玉の水墨画
    「マネジメントの父」が愛した日本の美

    7月11日(土)~ 8月23日(日)
    長野県信濃美術館
    10月30日(金)~ 12月6日(日)
    山口県立美術館

    式部輝忠《渓流飛鴨図(扇面)》 室町時代 ドラッカー・コレクション Sansō Collection 式部輝忠《渓流飛鴨図(扇面)》
    室町時代 ドラッカー・コレクション Sansō Collection

    本展は、経営学の泰斗にして、「マネジメントの父」とも呼ばれる、ピーター・F・ドラッカーのコレクションを改めて調査し構成した、初公開作品を含む約110点の30年ぶりの里帰りとなるものです。没後10年となる2015年、今また高まるドラッカー教授その人への関心と、彼が美術を通じて見た日本という視点を加えながら、新たな切り口でご覧いただこうという展覧会です。

  • 美術展

    ボストン美術館×東京藝術大学
    ダブル・インパクト
    明治ニッポンの美

    2015年6月6日(土)~ 8月30日(日)
    名古屋ボストン美術館

    アメリカ、ボストン美術館と東京藝術大学のふたつのコレクションを合わせる"ダブル・インパクト"によって、19世紀後半からはじまる日本と西洋との双方向的な影響関係を再検討しようとする展覧会。

  • コンサート・オペラ・舞台

    大手町座 第18回
    ザ・ニュースペーパー
    ~演じる新聞、観る新聞~

    2015年9月 25日(金)、26日(土)
    日経ホール

    ザ・ニュースペーパー ~演じる新聞、観る新聞~

    アベが、コイズミが、アマリが、スガが・・・日経ホールに3度目の登場(?)。テレビでおなじみの歴代総理大臣の形態模写を中心とした得意の政治ネタや社会ネタに、ビジネス街「大手町」にちなんで経済ネタも織り交ぜて、今を生きる社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」が抱腹絶倒の舞台を繰り広げる。

  • 美術展

    日本初公開!シカゴ ウェストンコレクション
    肉筆浮世絵-美の競艶 ~浮世絵師が描いた江戸美人100選~

    2015年7月11日(土)~ 10月13日(火)
    北斎館
    2015年11月20日(金)~ 2016年1月17日(日)
    上野の森美術館

    米国シカゴの日本美術収集家ロジャー・ウェストン氏により集められた1点ものの貴重な肉筆浮世絵約130点を日本初公開。喜多川歌麿、葛飾北斎ら、50人を超える多彩な絵師たちによる美人画を中心とした名品を、近世初期から明治に至るまで歴史的に系統立てて紹介します。

  • 美術展

    没後20年
    ルーシー・リー展

    2015年7月7日(火)~ 8月30日(日)
    千葉市美術館
    2015年10月31日(土)〜 12月24日(木)
    姫路市立美術館
    2016年1月16日(土)〜 3月21日(月・祝)
    郡山市立美術館
    2016年4月9日(土)〜 5月29日(日)
    静岡市美術館

    没後20年 ルーシー・リー展

    ルーシー・リースタイルの特徴は、たおやかな曲線を描く美しいアウトラインを持つ碗型と鶴首とも称される細く長い首部を持つ花瓶型に大別されます。今回の展覧会は、そのスタイルが形成されていく過程で作られたさまざまな様式の変貌、そして大成されたルーシー・リー様式の魅力を約200点の作品で紹介する、ルーシー・リーの全貌展です。

  • コンサート・オペラ・舞台

    「ウィーン・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれ、超絶技巧と独特の歌い回しで観客を魅了するヤボルカイ兄弟デュオが、彼らのカルテット「モーツァルトハウス・ウィーン弦楽四重奏団」を引き連れて来日。『フィガロの結婚』を作曲したモーツァルトハウスのレジデント・カルテットに選ばれるなど、超絶技巧だけでない高い音楽性を評価されている。

  • 国際興隆会議 アジアの未来
  • 世界ICTサミット GLOBAL ICT Summit
  • 日経フォーラム 世界経営者会議
  • 日経ウーマノミクスプロジェクト
  • Wif 2014 Women's Initiative Forum in Tokyo
  • NIKKEI MESSE 街づくり・店づくり総合展
  • エコプロラクツ2015
  • 日経IRフェア2014 STOCKWORLD
  • 日経優秀製品・サービス賞
  • 日経地球環境技術賞
  • NIKKEI Third
  • 日経ビジネススクール
  • 日経読み方セミナー
  • NIKKEI Adnet (イベント)
  • 日経懇話会
  • 日経まナビ!大手町
  • 日経景気討論会
  • NIKKEI アートプロジェクト