• 美術展

    ピエール・ボナール展

    オルセー美術館特別企画
    ピエール・ボナール展

    2018年9月26日(水)~ 12月17日(月)
    国立新美術館

    ピエール・ボナール(1867-1947年)は、19世紀末から20世紀前半にかけてフランスで活躍した画家です。世紀末のパリでナビ派の一員となったボナールは、浮世絵の影響のもと、躍動的かつ装飾的な作品を生み出し「日本かぶれのナビ」の異名を取りました。
    本展覧会は、オルセー美術館の豊富なコレクションを中心に、国内外のコレクションのご協力を仰ぎ構成されるボナールの大規模な回顧展です。

  • 美術展

    日本を変えた千の技術博

    明治150年記念
    日本を変えた千の技術博

    2018年10月30日(火)~ 2019年3月3日(日)
    国立科学博物館

    明治150年を記念して開催する「日本を変えた千の技術博」は、日本の科学史上に輝く発明発見から、日本を変えた素晴らしい技術の成果とエピソードまでを集める科学展覧会です。

  • コンサート

    シカゴ交響楽団

    リッカルド・ムーティ指揮
    シカゴ交響楽団

    Aプロ 2019年1月30日(水)
    ヴェルディ作曲「レクイエム」 2019年1月31日(木)、2月2日(土)
    Bプロ 2019年2月3日(日)
    東京文化会館

    巨匠リッカルド・ムーティ率いるシカゴ交響楽団の3年ぶりの来日公演を開催します。
    本公演ではブラームス、チャイコフスキーの交響曲のほか、2011年のグラミー賞を受賞するなどヴェルディのスペシャリストであるムーティとシカゴ響との原点と言える「レクイエム」をお届けします。長年、日本のクラシックファンを魅了してきた華やかで厚みのあるシカゴ響の音色にご期待ください。

第11回日経能楽鑑賞会 「バイエルン国立歌劇場」2017年日本公演 タイ展
  • コンサート・オペラ・舞台

    ウィーン・フィルに度々客演し、オーストリア音楽大使として世界中で活躍している期待のヴァイオリニスト、ヨハネス・フライシュマンと、ウィーンの著名音楽家との共演も多く、ウィーン音楽を知り尽くしたピアニスト、村田千佳が奏でる珠玉のウィーン・プログラム。新年に相応しく伝統的な正統クラシックから現代のウィーン音楽を華やかなバレエと共にお贈りします。

  • コンサート・オペラ・舞台

    1972年ベルギーのエリザベート王妃国際音楽コンクールでは唯一の西ヨーロッパ人受賞者となった。84年にベートーヴェンの交響曲全曲のリスト編曲版をレコーディングして全世界にその名を轟かせ「レコード・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞。86年に初来日し、鍵盤の魔術師と言われ、92年NHKのピアノレッスン番組「ショパンを弾く」での、模範演奏と指導は大きな話題となった。2000年にフランス政府より「芸術文学勲爵士」を授与された。記念すべき30回目の来日公演に期待が高まる!

  • 美術展

    国立トレチャコフ美術館所蔵
    ロマンティック・ロシア

    2018年11月23日(金・祝)〜 2019年1月27日(日)Bunkamuraザ・ミュージアム

    ロマンティック・ロシア

    青空に伸びる白樺のこずえ、雪に覆われた平原。ロシアにはロマンティックなイメージがあります。展覧会では、ロシア帝国が革命で崩壊する前の19世紀後半から20世紀初頭、チャイコフスキーやトルストイが活躍していた激動の時代に描かれた風景画や人物画など72点を国立トレチャコフ美術館から紹介します。

  • 美術展

    生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。

    2018年11月16日(金)~ 12月25日(火) 美術館「えき」KYOTO

    いわさきちひろ

    「いわさきちひろ、絵描きです。」――のちの伴侶と出会った際に自己紹介したちひろの言葉をタイトルに掲げる本展は、「絵描き」としてのちひろの技術や作品の背景を振り返る展覧会です。ちひろはどのような文化的座標に位置し、どのような技術を作品に凝らしたのか。新出の資料も交えた約200点の展示品を通じて作品の細部に迫り、童画家としてのちひろイメージの刷新を試みます。

  • シンポジウム

    このシンポジウムは、シルクロードを多彩な自然と多様な人間が織りなす豊かな景観としてふたたびとらえなおし、新しい時代に添う日本と中国および中央アジア諸国との文化の絆を多角的な視点から語り合おうとするものです。みなさまのご参加によって、シンポジウムが世紀の流れにより活力をあたえるものとなることを願っております。

  • 美術展

    奇想の系譜展
    江戸絵画ミラクルワールド

    2019年2月9日(土)~ 4月7日(日)
    東京都美術館

    奇想の系譜展

    本展は、1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づく、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版です。岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の代表作を一堂に会し、重要文化財を多数含む展示を予定しています。豊かな想像力、奇想天外な発想にみちた江戸絵画の魅力を紹介。現代の目を通した新しい「奇想の系譜」を発信します。

  • 東山魁夷記念 日経日本画大賞展
  • 日経ウーマノミクスプロジェクト
  • エコプロ2018
  • NIKKEI MESSE 街づくり・店づくり総合展
  • 国際興隆会議 アジアの未来
  • 世界デジタルサミット
  • 日経フォーラム 世界経営者会議
  • 日経IRフェア2014 STOCKWORLD
  • 日経優秀製品・サービス賞
  • 日経地球環境技術賞
  • 日経ビジネススクール
  • 日経読み方セミナー
  • NIKKEI Adnet (イベント)
  • 日経懇話会
  • 日経景気討論会
  • NIKKEI アートプロジェクト