• シンポジウム

    アジアの未来
    写真上段左から時計回りに
    ロドリゴ・ドゥテルテ フィリピン大統領
    マハティール・ビン・モハマド マレーシア首相
    シェイク・ハシナ バングラディシュ首相

    第25回 国際交流会議「アジアの未来」
    「新たな秩序の模索-混沌を越えて」

    2019年5月30日(木) 9:30 ~ 18:00(予定)
    2019年5月31日(金) 9:30 ~ 18:00(予定)
    東京都内
    受講料:64,800円(税込み)昼食付き/同時通訳あり

    世界を揺るがす米中の貿易戦争とハイテク・軍事覇権争い。米国は環太平洋経済連携協定(TPP)離脱に続いて、国際的な温暖化対策の枠組み「パリ協定」からも離脱を表明しました。一方で、自由貿易の旗を高く掲げる動きも。TPPは日本、カナダ、メキシコ、ニュージーランドなど米国を除く11カ国をメンバーに発効し、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国と日中韓、インド、オーストラリア、ニュージーランドの16カ国による東アジア地域包括的経済連携(RCEP)も、2019年中実質妥結を目指して協議が進み始めました。米国をリーダーとするこれまでの国際秩序が大きく揺らぎ混沌とするなか、アジアの国々や企業はどう行動すればいいのか。アジアの国々の各界リーダーらが熱い議論を繰り広げます。

  • 美術展

    トルコ至宝展

    トルコ文化年2019
    トルコ至宝展
    チューリップの宮殿 トプカプの美

    2019年3月20日(水)~ 5月20日(月)国立新美術館
    2019年6月14日(金)~ 7月28日(日)京都国立近代美術館

    オスマン帝国の栄華を今に伝える至宝約170点が、イスタンブルのトプカプ宮殿博物館から来日!
    アジアとヨーロッパにまたがる交易の要地・トルコは、多様な文化を受容・融合し、比類ない美を育んできました。本展では、イスタンブルのトプカプ宮殿博物館が所蔵する 貴重な宝飾品、美術工芸品をとおして、花々、とりわけチューリップを愛でた宮殿の生活、オスマン帝国の美意識や文化、芸術観を紹介します。

  • コンサート・オペラ・舞台

    日経能楽鑑賞会
    写真右=能「西行桜」より、シテ『老桜の精』浅見真州
    写真左=能「遊行柳」より、後シテ『朽木の柳の精』梅若実
    共にⓒ 前島写真店

    第13回日経能楽鑑賞会

    2019年 6月6日(木)、13日(木)
    国立能楽堂

    日本経済新聞社は、平成19年(2007年)より、現代の能楽界を代表する能楽師による「日経能楽鑑賞会」を毎年開催しております。今年も、ともに観世流シテ方の浅見真州師と梅若実師という組み合わせで開催いたします。
    室町時代に生まれ、激動の時代を乗り越えてきた日本文化の精髄、能楽。確固たる技術と情趣豊かな表現力を持つ、まさに現代日本の最高峰の能楽師による名曲舞台にご期待ください。

第11回日経能楽鑑賞会 奇想の系譜展 京劇西遊記2019
  • コンサート・オペラ・舞台

    1866年に創設され世界三大音楽院の一つ、国立モスクワ音楽院の学生と大学院生と卒業生で構成され、現代ロシア三大合唱指揮者の筆頭に名前が挙がる巨匠ボリス・テヴリン(2012年7月没)によって1994年に創設され今年25周年を迎える。12年、14年、16年に愛弟子のアレクサンドル・ソロヴィヨフの指揮で来日し好評を博した。今回の日本公演では約35名が来日し、古典と現代、外国音楽の傑作を披露する。

  • コンサート・オペラ・舞台

    中華人民共和国建国70周年記念
    日中文化交流協定締結40周年記念

    京劇西遊記2019~旅のはじまり
    上海京劇院日本公演

    東京公演
    2019年6月11日(火)~6月16日(日)
    東京芸術劇場プレイハウス
    大阪公演
    2019年6月22日(土)
    NHK大阪ホール
    名古屋公演
    2019年6月23日(日)
    愛知県芸術劇場 大ホール

    京劇西遊記2019

    500年もの間、ずっと待っていた! 悟空と三蔵の出逢いを描く。 はるか西方、天竺への壮大な旅はこうしてはじまった! 上海派京劇「五百年后孫悟空」を厳慶谷流の孫悟空芝居に極めた京劇エンターテインメント

  • 美術展

    明治39年(1906)、アメリカ人女性メアリー・エインズワースは来日をきっかけに浮世絵を収集、1500点以上をオーバリン大学アレン・メモリアル美術館に寄贈しました。そのコレクションは珍しい初期浮世絵から鳥居清長や喜多川歌麿など錦絵黄金期の作品、葛飾北斎、歌川広重の活躍した幕末の風景画に至るまで、浮世絵の歴史を追うことができるものです。保存状態も良好で、浮世絵版画の魅力を余す所なく伝える美しいコレクションから、珠玉の200点を選りすぐり紹介する初めての里帰り展です。

  • 美術展

    「横山華山」展

    2019年4月20日(土)〜 6月23日(日)
    宮城県美術館
    2019年7月2日(火)〜 8月17日(土)
    京都文化博物館

    「横山華山」展

    本展は、横山華山の多彩な画業を系統立てて紹介する初めての回顧展です。曾我蕭白や弟子たちの作品も含め会期中あわせて約100点の展示で、かつて有名であったにも関わらず、忘れ去られてしまった画家の全貌を掘り起こし、その魅力に光を当てます。ボストン美術館や大英博物館など海外に渡った作品も里帰りします。

  • 美術展

    生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。

    2019年4月20日(土)~ 5月26日(日)
    福岡アジア美術館

    生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。

    「いわさきちひろ、絵描きです。」――のちの伴侶と出会った際に自己紹介したちひろの言葉をタイトルに掲げる本展は、「絵描き」としてのちひろの技術や作品の背景を振り返る展覧会です。ちひろはどのような文化的座標に位置し、どのような技術を作品に凝らしたのか。新出の資料も交えた約200点の展示品を通じて作品の細部に迫り、童画家としてのちひろイメージの刷新を試みます。

  • コンサート・オペラ・舞台

    「英国ロイヤル・オペラ」
    2019年日本公演

    グノー作曲「ファウスト」
    2019年9月12日(木)、15日(日)、18日(水)
    東京文化会館
    2019年9月22日(日)
    神奈川県民ホール
    ヴェルディ作曲「オテロ」
    2019年9月14日(土)、16日(月・祝)
    神奈川県民ホール
    2019年9月21日(土)、23日(月・祝)
    東京文化会館

    英国ロイヤル・オペラ

    欧州を代表する歌劇場「英国ロイヤル・オペラ」の4年ぶりとなる来日公演を音楽監督アントニオ・パッパーノが率いて開催します。 本公演では物語性を重んじる英国らしくシェイクスピアとゲーテの作品を基にした「オテロ」と「ファウスト」を上演します。「オテロ」は緊張感に満ちた音楽で悲劇を描いたヴェルディ晩年の傑作。グノー作曲「ファウスト」は上演機会が少ないながら、名曲ぞろいのグランド・オペラの大作として人気の作品です。レパートリーの拡充に努め、オーケストラと合唱のレベルを飛躍的に向上させてきたパッパーノは、現代最高峰のオペラ指揮者のひとりと称されています。まさに勢いに乗る歌劇場の舞台にご期待ください。

  • 東山魁夷記念 日経日本画大賞展
  • 日経ウーマノミクスプロジェクト
  • エコプロ2018
  • NIKKEI MESSE 街づくり・店づくり総合展
  • 国際興隆会議 アジアの未来
  • 世界デジタルサミット
  • 日経フォーラム 世界経営者会議
  • 日経IRフェア2014 STOCKWORLD
  • 日経優秀製品・サービス賞
  • 日経地球環境技術賞
  • 日経ビジネススクール
  • 日経読み方セミナー
  • NIKKEI Adnet (イベント)
  • 日経懇話会
  • 日経景気討論会
  • NIKKEI アートプロジェクト